昭和38年の長雨

災害年月日
1963年05月00日
市町村
高知県須崎市
災害種類
風水害  土砂災害  その他(長雨)  
概要
昭和38年(1963)5月から6月にかけて、長雨のため、死者1人、家全壊2戸、半壊1戸、田冠水320町、畑61町、山崩れ14箇所の被害が出た。また、連日の降雨のため、麦は立ち腐れ、収穫皆無の惨状を呈した。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
大家順助編「須崎消防の歩み 第2巻 自然災害の記録」(高幡消防組合須崎消防団本部、1985年)、85頁
情報源の種類
災害記録、災害体験集
キーワード
長雨 死者 山崩れ
NO.
高知912

よく似た災害

昭和38年の長雨

昭和38年(1963)5月、月間の雨天日数が20~25日に達したため、被害は死者1人、家屋全壊2戸、半壊1戸、田冠水320町、畑61町、山崩れ14箇所... 続きを読む

明治35年8月の台風

明治35年(1902)8月10日14時、台風が熊本に上陸し、鳥取付近から日本海に出た。高知県でも連日の降雨により、多少の被害が出たと思われる。 続きを読む

昭和38年の長雨

昭和38年(1963)4月~6月の長雨により、麦作収穫皆無。5月・6月の降水量638.9ミリ。 続きを読む

昭和38年4月の長雨・霧

昭和38年(1963)4月、連日の雨・霧のため麦穂腐る。 続きを読む

天保9年の風雨

天保9年(1838)、田野々及び八重地で大風雨のため農作物に大被害があり、収穫皆無の土地もあったといわれる。 続きを読む