昭和40年の干ばつ

災害年月日
1965年07月00日
市町村
高知県須崎市
災害種類
渇水  
概要
昭和40年(1965)7月下旬から8月下旬にかけて、強い夏型の気圧配置が続いたため、西日本では干ばつによる被害が発生した。本県では水道、電力事情の悪化はもちろん、水田のかんがい用水が不足して枯死寸前となり、農村では水争いをする所もあった。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
大家順助編「須崎消防の歩み 第2巻 自然災害の記録」(高幡消防組合須崎消防団本部、1985年)、91頁
情報源の種類
災害記録、災害体験集
キーワード
干ばつ 水争い
NO.
高知914

よく似た災害

昭和40年7月~8月の干ばつ

昭和40年(1965)7月下旬から8月下旬にかけて、干ばつとなり、本県では水道、電力事情の悪化はもちろん、水田の灌漑用水が不足して水稲は枯死寸前となり... 続きを読む

昭和39年の干ばつ

昭和39年(1964)7月22日より8月22日まで一滴の雨も降らず、7月~8月でわずか8.2ミリの雨しか降らず、水田、果樹のかんがい用水をはじめ、飲料... 続きを読む

昭和14年の干ばつ

image

昭和14年(1939)、大干ばつのため、満濃池の水掛かりは徹底的な被害を受けた。丸亀平野の南部にはある程度かんがい用水を提供することができても、北部に... 続きを読む

弘和元年の干ばつ

弘和元年(1381)3月下旬から8月下旬まで、干ばつ。(「香川用水史」による) 続きを読む

昭和31年11月の干ばつ

昭和31年(1956)11月11日から1月13日まで64日間無降水で、電力事情は悪化し、水不足となり、麦、野菜等農作物に被害が発生した。 続きを読む