昭和54年の台風16号

災害年月日
1979年09月30日
市町村
高知県須崎市
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
昭和54年(1979)9月30日午後6時30分、台風16号が室戸市に上陸した。須崎では西町二丁目の住宅の裏山が崩れた。須崎の30日午前9時~午後6時の雨量は123ミリに達した。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
大家順助編「須崎消防の歩み 第2巻 自然災害の記録」(高幡消防組合須崎消防団本部、1985年)、115頁
情報源の種類
災害記録、災害体験集
キーワード
台風 西町 山崩れ
NO.
高知919

よく似た災害

昭和54年の台風16号

昭和54年(1979)9月30日午前6時30分、台風16号が足摺岬南海上を経て室戸市に上陸した。須崎市では、暴風雨・洪水・波浪警報の発令を受けて、午後... 続きを読む

昭和51年の台風17号

昭和51年(1976)9月8日から13日にかけて、台風13号により四国地方は大雨が降り続いた。豪雨に見舞われた高知市では13日午後1時までに雨量が1,... 続きを読む

昭和41年5月の大雨

昭和41年(1966)5月20日~21日、前線による大雨で、須崎の雨量は382ミリに達し、糺池畔の住宅が床上浸水。 続きを読む

平成10年の台風7号

平成10年(1998)9月24日午後1時過ぎ、台風7号が和歌山県御坊市付近に上陸し、近畿地方を北上し、夜半に日本海へ抜けた。高知県では集中豪雨となり、... 続きを読む

承応元年の山崩れ

承応元年(1652)8月、柳瀬地区の裏山が崩壊し、民家6戸埋没。(「柳瀬部落誌」による) 続きを読む