昭和57年の台風13号

災害年月日
1982年08月25日
市町村
高知県須崎市
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
昭和57年(1982)8月25日~27日、台風13号により、暴風雨による被害が出た。梼原町役場の観測によると、26日午後4時~27日午後3時の雨量は646ミリを記録し、各地で小規模な土砂崩れが相次ぎ、道路は各地で寸断された。また、東津野村では24日の降り始めから27日午後3時まで749ミリの豪雨を記録した(役場観測)。須崎市では27日午前9時頃、下分甲で突風で農家の人が重傷を負った。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
大家順助編「須崎消防の歩み 第2巻 自然災害の記録」(高幡消防組合須崎消防団本部、1985年)、116頁
情報源の種類
災害記録、災害体験集
キーワード
台風 土砂崩れ
NO.
高知920

よく似た災害

昭和49年の台風16号

昭和49年(1974)9月1日午後6時頃、台風16号は中土佐町に上陸し、桂浜では午後5時44分に瞬間最大風速55mを記録した。また、この台風は雨が猛烈... 続きを読む

昭和63年の豪雨

昭和63年(1988)6月2日朝から3日午前7時までに、豪雨により、上名で159ミリ、祖谷口で126ミリを記録し、道路、河川で被害。 続きを読む

昭和62年の台風5号

昭和62年(1987)7月14日、台風5号により、黒滝山で291ミリを記録した。18日午前9時まで、南日浦、上名影で避難8戸。 続きを読む

昭和62年の大雨

昭和62年(1987)7月14日から20日にかけて、388ミリの大雨が降った。特に18日午前4時から5時までの1時間に68ミリという大雨を記録した。こ... 続きを読む

昭和40年の台風23号

昭和40年(1965)9月13日から17日までに、台風23号により、双海町では236ミリの雨量を記録し、農道、農地、水路、橋梁、頭首工に被害が出た。 続きを読む