安政4年の地震

災害年月日
1857年10月12日
市町村
高知県
災害種類
地震・津波  
概要
安政4年(1857)8月25日、伊予を中心とする地震があり、今治、松山、大洲、広島で被害あり。土佐の香美郡赤岡、吾川郡宇佐でも大地震を感じた。/史料掲載:「大変記」
地理院地図
Googleマップ
参考文献
国立防災科学技術センター編「高知県地震津波史料」(国立防災科学技術センター、1981年)、226-227頁
情報源の種類
災害記録、災害体験集
キーワード
地震 大変記
NO.
高知959

よく似た災害

康和元年の地震

康和元年(1099)1月24日、奈良、大阪、京都で強い地震を感じ、興福寺、天王寺に小破損あり。土佐でも地震、潮江庄千余町海となる。/史料掲載:「兼仲卿... 続きを読む

安政元年の地震

安政元年(1854)11月4日朝5ツ時(8時)、地震があり、鈴波が来た。鈴波は津波のさきがけで、油断してはならないと言い伝えられている。翌5日夕方7ツ... 続きを読む

安政元年の地震

安政元年(1854)11月4日朝5ツ時(8時)、地震があり、鈴波が来た。鈴波は津波のさきがけで、油断してはならないと言い伝えられている。翌5日夕方7ツ... 続きを読む

安政元年の地震

安政元年(1854)11月4日、関東地方で強震があり、土佐でもかなりの震度を感じた。翌5日午後4時過ぎに大地震が起こり、大津波が襲来した。この地震で、... 続きを読む

天明8年7月5日の山崩れ

天明8年(1788)7月5日、香美郡上韮生村柳瀬(香美市物部村)に山崩れあり。/史料掲載:「皆山集」 続きを読む