明治23年の台風

災害年月日
1890年09月11日
市町村
高知県
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
明治23年(1890)9月11日、高知県に暴風雨が襲い、高岡郡、幡多郡の各河川流域各所に山崩れを生じた。/史料掲載:「尾川の郷土誌」、「斗賀野村史」、「仁淀村史」、「高知県神社誌」、「大正町誌」
地理院地図
Googleマップ
参考文献
国立防災科学技術センター編「高知県地震津波史料」(国立防災科学技術センター、1981年)、242-246頁
情報源の種類
災害記録、災害体験集
キーワード
台風 山崩れ 尾川の郷土誌 斗賀野村史 仁淀村史
NO.
高知961

よく似た災害

明治19年の地すべり

image

明治19年(1886)9月17日、高岡郡長者村で地裂を生じる。/史料掲載:「皆山集」、「日抄抜萃」 続きを読む

天明8年5月の洪水

天明8年(1788)5月29日、大洪水。(「佐川町史」、「尾川の郷土史」による) 続きを読む

寛文元年の地震

image

寛文元年(1661)10月19日、土佐に強い地震あり、高知城破損あり。/史料掲載:「御当家年代略記」、「室戸岬町誌」、「羽根村史」、「上ノ加江町史」 続きを読む

宝暦12年の台風

宝暦12年(1762)6月26日、幡多郡で暴風雨、山崩れあり。/史料掲載:「中村町誌」 続きを読む

明治23年の台風

明治23年(1890)の暴風雨により、山々は至る所で放水して山崩れを生じ、濁流が人家と田畑を被い、至る所生き地獄と化した。(「仁淀村史」による) 続きを読む