昭和38年の台風9号

災害年月日
1963年08月08日
市町村
高知県梼原町
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
昭和38年(1963)8月8日夜半から9日にかけて、台風9号が来襲し、900ミリの大豪雨をもたらした。この豪雨により、河川の氾濫、道路の決壊、橋梁の流失、山崩れが起こり、住宅の全壊・流失・浸水が相次ぎ、交通、通信は切断され、明治23年以来と言われる甚大な被害を受けた。人的被害は死者1人、負傷者7人に及んだ。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
高幡消防組合編集委員会編「高幡消防 25年の歩み」(高幡消防組合消防本部、1997年)、253-254頁
情報源の種類
災害記録、災害体験集
キーワード
台風 豪雨 洪水 山崩れ 死者
NO.
高知967

よく似た災害

昭和10年の台風

昭和10年(1935)8月28日15時、台風が清水付近に上陸した。雨台風で、渡川の洪水は明治23年以来と言われ、被害は甚大であった。須崎の雨量は200... 続きを読む

明治29年の台風

明治29年(1896)、台風、出水が相次ぎ、明治25年以来の凶作となる。 続きを読む

昭和16年の台風

昭和16年(1941)、旭では台風により神田大橋の吊線切断され、木造部分が流失した。 続きを読む

昭和16年の台風

昭和16年(1941)、旭では台風により神田大橋の吊線切断され、木造部分が流失した。 続きを読む

昭和2年の雷雨

昭和2年(1927)8月26日、九州南方の熱帯低気圧が北西進する中、高知県で大被害となった。日雨量は仁淀川上流で600ミリに達し、吾川・高岡郡の洪水は... 続きを読む