昭和50年の台風5号

災害年月日
1975年08月17日
市町村
高知県四万十町(十和村)
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
昭和50年(1975)8月17日、台風5号が宿毛市付近に上陸し北上したため、中西部で雨量が多く、四万十川は洪水となった。久保川のカゲヂ地区で大崩壊があり、5戸が被災し、地区民全員に避難命令が発せられた。(「十和村史」による)
地理院地図
Googleマップ
参考文献
高幡消防組合編集委員会編「高幡消防 25年の歩み」(高幡消防組合消防本部、1997年)、267頁
情報源の種類
災害記録、災害体験集
キーワード
台風 四万十川 洪水 久保川 土砂崩れ
NO.
高知974

よく似た災害

昭和51年の台風17号

昭和51年(1976)の台風17号による集中豪雨のため、9月8日から13日までの総雨量は木沢村役場地点で1,500ミリ、岩倉で2,233ミリに達した。... 続きを読む

昭和56年の土砂災害

昭和56年(1981)6月6日、国道56号の久礼坂で大崩壊があり、全面通行止めとなった(土砂1万立米)。 続きを読む

昭和56年の土砂災害

昭和56年(1981)6月6日、国道56号の久礼坂で大崩壊があり、土砂1万立米により全面通行止め。 続きを読む

平成16年の台風10号

平成16年(2004)7月31日から8月2日にかけて、徳島県は台風10号による豪雨となった。木沢村の阿津江地区で崩壊が発生し、崩壊土砂は坂州木頭川に流... 続きを読む

昭和51年の台風17号による有間の崩壊

昭和51年(1976)、台風17号により、土佐町有間で大崩壊が発生した。 続きを読む