天武13年の地震

災害年月日
0684年11月26日
市町村
高知県黒潮町(佐賀町)
災害種類
地震・津波  
概要
天武13年(684)10月14日、M8.4の白鳳の地震が発生した。日本書紀によると、「人定まるに及んだ大地震あり、挙国の男女わめき叫びて東西を知らず、山崩れ河涌き、宿舎、民屋、寺塔、神社の破壊されるもの算なく、人畜の死傷おびただしく、伊予の温泉は没して出なくなり、土佐の南方の田苑五十余万頃は沈んで海となった」と記されている。佐賀の説では、佐賀の鹿島の三里沖にある黒田ノ郷という大島が白鳳の大地震で没したと伝えられている。
地理院地図
Googleマップ
備考
原資料では天武13年1月14日となっているが、天武13年10月14日に修正した。
参考文献
佐賀町農業協同組合「佐賀町農民史」編集委員会編「佐賀町農民史」(佐賀町農業協同組合、1983年)、936-937頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
白鳳地震 日本書紀 死者 道後温泉 黒田郷
NO.
高知976

よく似た災害

天武天皇13年の地震

白鳳13年(684)10月14日、大地震があり、「続日本記」によると、「土佐国の田苑五十余万頃(五十万町)没して海となる」と記されている。 続きを読む

天武天皇13年の地震

白鳳13年(684)10月14日亥の刻(午後10時頃)、大いに震う、国を挙げて男女叫びまどいぬ、山崩れ河湧き、土佐の国の田苑五十余万頃、うもれて海とな... 続きを読む

天武天皇13年の地震

白鳳13年(684)10月14日、大地震。日本書紀によると、この地震で土佐国田苑五十余万頃(一頃は16.5㎡)が海に没した。 続きを読む

天武天皇13年の地震

白鳳13年(684)10月14日、大地震。日本書紀によると、この地震で土佐国田苑五十余万頃(一頃は16.5㎡)が海に没した。 続きを読む

天武天皇13年の地震

image

天武13年(684)10月14日、地震が発生した。日本書紀には「土佐国の田苑五十余万頃、没して海となる。」と記されており、このことは「五社鎮座傳記」(... 続きを読む