大正9年の洪水

災害年月日
1920年08月15日
市町村
高知県大月町
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
大正9年(1920)8月15日、台風が足摺岬に上陸した後、幡多郡西部を通過した。被害は県下1市7郡で死者187人、家の全半壊2,484戸、その他土木、農産物関係に及んだ。北幡を除く幡多郡下の被害は特に甚大で、町内竜ヶ迫では真夜中の山崩れの直撃により死者18人、月灘地区では住家の全壊3戸、流失3戸、決壊箇所99箇所・延長4,070mとなった。(「大月町史」による)
地理院地図
Googleマップ
参考文献
浜口芳昭著「ふるさと小才角」(浜口芳昭、2009年)、249頁
情報源の種類
その他文献等
キーワード
台風 死者 竜ヶ迫 山崩れ 月灘
NO.
高知1019

よく似た災害

大正9年の台風

大正9年(1920)8月15日の台風により、大月町では竜ヶ迫18名、弘見1名の合計19名の死者を出した。竜ヶ迫で多数の犠牲が出たのは、真夜中に山崩れの... 続きを読む

大正9年の洪水

大正9年(1920)8月14日、前日からの雨が大雨となり、昼から夜半にかけて降り続き、雨量は403ミリに達したと記録されている。このため、北幡地を除く... 続きを読む

大正9年の台風

大正9年(1920)8月15日、台風、被害は幡多に多い。8月の須崎の降雨は700~1,000ミリ。台風が足摺岬に上陸した。特に幡多郡では、死者187人... 続きを読む

大正3年の台風

大正3年(1914)9月14日、台風により、幡多郡の被害は全壊1,152戸、半壊821戸、中村で死者3人、負傷者3人、宿毛漁船遭難により死者11人、行... 続きを読む

大正3年の台風

大正3年(1914)9月14日、台風により、幡多郡では家屋の全壊1,152戸、半壊821戸、中村で死者3人、負傷者3人、宿毛漁船遭難により死者11人、... 続きを読む