仁和3年の地震

災害年月日
0887年00月00日
市町村
高知県
災害種類
地震・津波  
概要
仁和3年(887)、地震。仁和の大地震と呼ばれ、白鳳の大地震に劣らない激震だったと伝えられている。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
山本等編著「足摺岬」(土佐清水市足摺岬区長場、1985年)、88-89頁
情報源の種類
その他文献等
キーワード
仁和地震
NO.
高知1021

よく似た災害

仁和3年の地震

仁和3年(887)、大地震が起こった。白鳳時代以上の大地震であったが、土佐に関する記録はなく、口碑も伝えられていない。 続きを読む

仁和3年の地震

仁和3年(887)7月30日16時頃、京都をはじめ五畿七道の諸国で大地震があり、津波は摂津の国で最も甚だしかったと記録されている。高知県でも大地震・津... 続きを読む

仁和3年の地震

仁和3年(887)7月30日16時頃、京都をはじめ五畿七道の諸国で大地震があり、津波は摂津の国で最も甚だしかったと記録されている。高知県でも大地震・津... 続きを読む

天武天皇13年の地震

天武天皇13年(684)、地震。白鳳の大地震と言われ、土佐沖にあった黒田郷八幡畦が陥没したと伝えられている。 続きを読む

仁和3年の地震

仁和3年(887)7月30日、潮岬の南西方沖合で大地震が起こった。地震規模は白鳳の大地震に匹敵する激震であったが、土佐に関する記録や口碑はない。 続きを読む