慶長9年の地震

災害年月日
1605年02月03日
市町村
高知県
災害種類
地震・津波  
概要
慶長9年(1604)12月16日、大地震が発生し、土佐の国全域が大きな被害を受けたと言われている。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
大川筋村誌編纂委員会編「村誌 川辺のふるさと大川筋」(大川筋村誌編纂委員会、2008年)、154頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
慶長地震
NO.
高知1034

よく似た災害

慶長9年の地震

慶長9年(1604)12月16日、大地震あり。(ただし、半田町では地震により大きな被害を受けたという記録はない。) 続きを読む

安政元年の地震

安政元年(1854)11月4日、5日にわたり大地震が起こった。県内一帯で大きな被害を受け、死者277人、焼失家屋2,056戸、倒壊家屋2,351戸と言... 続きを読む

慶長9年の地震

慶長9年(1604)12月16日夜、大地震が起こり、夜半に津波が押し寄せた。安芸郡を中心に東部海岸の被害が特にひどかったと言われている。(谷秦山らの筆... 続きを読む

天武13年の地震

天武天皇13年(684)10月、大地震が起こった。九州、四国で非常に大きな被害を受け、1,500町歩の土地が海に沈んだとも言われ、津波や地殻変動で一千... 続きを読む

慶長9年の地震

image

慶長9年(1604)12月16日、地震が発生し、阿波国は大きな被害を受けた。特に海部郡の被害は甚大であった。「鞆浦大岩の碑文」には、高さ10丈の津波が... 続きを読む