宝永4年の地震

災害年月日
1707年10月28日
市町村
高知県四万十市(中村市)
災害種類
地震・津波  
概要
宝永4年(1707)10月4日、M8.4の大地震が起こった。県内の死者1,844人、津波等で流出した家が11,170軒、潰れた家4,869軒と伝えられている。幡多郡の海辺は、ほとんどの地で津波が押し寄せ、下田では潮は山まで、坂本(八束)で潮は香山寺麓まで押し寄せたと言われている。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
大川筋村誌編纂委員会編「村誌 川辺のふるさと大川筋」(大川筋村誌編纂委員会、2008年)、154-155頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
宝永地震 津波 死者
NO.
高知1035

よく似た災害

宝永4年の地震

宝永4年(1707)10月、南海大地震。いわゆる亥の大変と呼ばれる大地震で、土佐の国中で津波のため1,844人が死亡した。谷陵記によると「上ノ加江亡所... 続きを読む

宝永4年の地震

image

宝永4年(1707)10月4日、大地震が起こり、津波が押し寄せて400余人の溺死者を出した。(宝永津浪溺死之塚の碑文による) 続きを読む

宝永4年の地震

image

宝永4年(1707)10月4日、大地震が起こり、津波が押し寄せて400余人の溺死者を出した。(宝永津浪溺死之塚の碑文による) 続きを読む

宝永4年の地震

宝永4年(1707)10月4日巳の刻(午前10時)に大地震が発生し、土佐国中で死者1,000人余と伝えられている。特に上の加江や矢井賀、志和村では山際... 続きを読む

宝永4年の地震

image

宝永4年(1707)、地震・津波。鞆浦の大岩の碑文には、10月4日未時(午後2時)地震が起こり、1丈余りの津波が三度押し寄せたが、一人の死者も出なかっ... 続きを読む