昭和49年の台風18号

災害年月日
1974年09月08日
市町村
高知県
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
昭和49年(1974)9月8日~9日、台風18号は特に国道32号沿いに豪雨をもたらし、土佐山田町繁藤では雨量が395ミリに達した。このため国道32号は8箇所で災害を受けた。また、土讃線が不通となり、山崩れで3人が死亡した。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
建設省四国地方建設局土佐国道工事事務所編「土佐国道二十年史」(四国建設弘済会、1983年)、201頁及び311頁
情報源の種類
その他文献等
キーワード
台風 豪雨 国道32号 土讃線 山崩れ
NO.
高知1047

よく似た災害

昭和45年の台風10号

昭和45年(1970)8月21日、台風10号が佐賀町付近に上陸し、北上したため、高知市は高潮のため久万川が決壊氾濫して大水害を受けた。国道32号は3箇... 続きを読む

昭和50年の台風6号

昭和50年(1975)8月22日朝から、台風6号による雨が本格的に降り始め、23日午前4時頃まで続いた。この雨で、国道193号は清水で81m、谷口で1... 続きを読む

昭和57年の台風13号

image

昭和57年(1982)8月27日、台風13号が四国を暴風雨圏内に巻き込んで九州東岸沿いを北上した。最大瞬間風速は宿毛で42m、総雨量は梼原で624ミリ... 続きを読む

昭和32年の台風7号

昭和32年(1957)8月18日~21日、台風7号により降雨があり、山岳地帯では連続雨量600ミリを超え、日雨量300ミリを記録した。このため、東予の... 続きを読む

昭和49年の台風8号

昭和49年(1974)7月6日、台風8号に伴う集中豪雨により、降雨量は305.5ミリに達した。被害は床上浸水1,520戸、床下浸水2,011戸、家屋の... 続きを読む