昭和41年5月23日の土砂崩れ

災害年月日
1966年05月23日
市町村
高知県大豊町
災害種類
土砂災害  
概要
昭和41年(1966)5月23日、国道32号が大豊村小川で土砂崩れにより、17日間不通となった。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
高知新聞企業編「土佐国道事務所40年のあゆみ-人とまちと自然を結ぶ土佐の回廊-」(国土交通省四国地方整備局土佐国道事務所、2003年)、102頁
情報源の種類
その他文献等
キーワード
土砂崩れ 国道32号 小川
NO.
高知1060

よく似た災害

昭和41年5月の土砂崩れ

昭和41年(1966)5月23日、集中豪雨による土砂崩れのため、国道32号が大豊村小川で、土讃線が大杉~大王間で不通となった。 続きを読む

昭和54年の土砂崩れ

昭和54年(1979)7月20日、土砂崩れにより国道33号全面通行止め。写真3枚。 続きを読む

平成5年10月の土砂崩れ

平成5年(1993)10月9日夜8時過ぎ、西宇の国道32号で土砂崩壊、全面通行止めとなる。11月8日に片側通行が可能となった。 続きを読む

昭和56年7月の土砂崩れ

昭和56年(1981)7月11日~12日、梅雨前線の北上により雷を伴った強い雨が降り続き、木頭では11日1時から12日23時までの降水量が145ミリ、... 続きを読む

昭和41年5月21日の土砂災害

昭和41年(1966)5月21日、県東部で集中豪雨による惨禍。国道55号は室戸から佐喜浜にかけて寸断され、各所で山津波が発生し、10日間不通となった。... 続きを読む