明治23年の台風

災害年月日
1890年09月11日
市町村
高知県仁淀川町(仁淀村)
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
明治23年(1890)9月11日、台風に伴う豪雨のため、長者川は未曾有の大洪水を起こし、旧長者村では10人の死者を出すとともに、長者川上流の古生寺では大地すべりが発生した。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
竹内篤雄「長者地すべり地の一活動史」(日本地すべり学会編「地すべりVol.29-2」日本地すべり学会、1980年、所収)、16-24頁
情報源の種類
学術論文、雑誌論文
キーワード
台風 長者川 死者 古生寺 地すべり
NO.
高知1122

よく似た災害

明治19年の地すべり

image

明治19年(1886)9月10日、台風により、長者川が大洪水となり流路変更し、地すべりの末端部を直接侵食するようになったため、地響きとともに地すべりが... 続きを読む

明治25年7月の台風

明治25年(1892)7月、台風による洪水と高潮のため、徳島市、名東郡、板野郡等で浸水被害が発生した。また、那賀川中流の高磯山が崩壊し、その後那賀川を... 続きを読む

明治19年の台風

image

明治19年(1886)、台風により、長者川に流路を代えて以来、長者地すべりが活発化したとされている。この研究では、長者地すべり地を対象として、地質構造... 続きを読む

昭和43年の地すべり

昭和43年(1968)7月7日、中之瀬で長者川対岸幅100mが地すべりし、長者川をせき止めた。 続きを読む

明治23年の台風

image

明治23年(1890)9月11日、台風により篠つく豪雨となった。特に四万十川上流の東津野、檮原郷の雨量が多く、沿川では牛馬や住家が流されるなど洪水被害... 続きを読む