昭和50年の台風5号

災害年月日
1975年08月17日
市町村
高知県土佐市
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
昭和50年(1975)8月17日、台風5号による集中豪雨のため、天崎・鳴川・北地地区で山崩れが起こり、死者6人が出た。また、波介川が増水したが、流出口となっている仁淀川も増水のため水位が上昇して流出できず、溢水し、市街地の平坦部の大半が浸水、国道56号をはじめとする道路網が通行不能となった。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
高知県警察本部編「昭和50年台風5号災害警備の概況」(高知県警察本部、1975年)、26頁
情報源の種類
災害記録、災害体験集
キーワード
台風 集中豪雨 山崩れ 死者 波介川
NO.
高知1170

よく似た災害

昭和38年の台風9号

昭和38年(1963)8月、台風9号が来襲し、明治23年(1890)以来の水害となった。市街地の大半が浸水し、被害は家屋の流出8戸、床上浸水824戸、... 続きを読む

昭和10年の洪水

昭和10年(1935)8月26日、台風が九州南端に接近して、大川筋地域も暴風雨圏に入った。27日には朝から大暴風雨となり、増水したため、土地の低い所の... 続きを読む

昭和50年の台風5号

昭和50年(1975)8月17日、台風5号により、降雨量多く、市街地の中心部で床下浸水、農作物の冠水広範囲にわたった。 続きを読む

昭和45年の台風10号

昭和45年(1970)8月21日、台風10号が幡多郡佐賀町に上陸し、高知市内では満潮時と重なり、市街地の半分が浸水。また、瞬間最大風速54mを記録し、... 続きを読む

昭和50年の台風5号

昭和50年(1975)8月17日、台風5号による降雨量が多く、市街地の中心部が床上浸水、農作物の冠水が広範囲。(西条市自然災害年表による) 続きを読む