昭和21年のがけ崩れ

災害年月日
1946年12月21日
市町村
高知県香美市(物部村)
災害種類
土砂災害  地震・津波  
概要
昭和21年(1946)12月21日、南海地震により、物部川上流の槙山村(物部村槙山)で崖の崩壊が至る所で生じ、家屋、田畑が埋没した。この地震で、物部村は山間部で最大の被害を受けた。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
日本工営編「四国山地の土砂災害」(国土交通省四国地方整備局四国山地砂防事務所、2004年)、9頁及び19頁
情報源の種類
災害記録、災害体験集
キーワード
崖崩れ 昭和南海地震 物部村槙山
NO.
高知1218

よく似た災害

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日、南海地震(M8.0)により、「南海大地震誌」によれば、高知県の被害は全壊4,834戸、半壊9,341戸、死者679... 続きを読む

昭和51年のがけ崩れ

昭和51年(1976)9月8日~13日、台風17号により、土佐町有間でがけ崩れが起こり、被害は家屋半壊1戸、被災世帯6戸、田畑埋没1haに及んだ。(吉... 続きを読む

昭和16年のがけ崩れ

昭和16年(1941)10月1日、台風により、大豊町でがけ崩れが起こり、被害は死者7人に及び、土讃線が3日間不通になった。(吉野川上・中流域の主な土砂... 続きを読む

昭和40年のがけ崩れ

image

昭和40年(1965)9月10日、台風23号により、東祖谷山村大西でがけ崩れが起こり、崩壊土量12万㎡、県道決壊300mに及んだ。(吉野川上・中流域の... 続きを読む

平成5年7月のがけ崩れ

平成5年(1993)7月28日、台風5号により、山城町下名でがけ崩れが起こり、被害は死者2人、家屋全壊1戸に及んだ。(吉野川上・中流域の主な土砂災害に... 続きを読む