明治19年の地すべり

災害年月日
1886年09月10日
市町村
高知県仁淀川町(仁淀村)
災害種類
土砂災害  
概要
明治19年(1886)9月10日、台風により、長者川が大洪水となり流路変更し、地すべりの末端部を直接侵食するようになったため、地響きとともに地すべりが動き出した。このため、旧寺野集落43戸(約200人)が現在地に移動した。(「仁淀村史」等による)
地理院地図
Googleマップ
参考画像

参考文献
日本工営編「四国山地の土砂災害」(国土交通省四国地方整備局四国山地砂防事務所、2004年)、30頁
情報源の種類
災害記録、災害体験集
キーワード
地すべり 仁淀村長者 台風 仁淀村史
NO.
高知1225

よく似た災害

昭和40年の地すべり

昭和40年(1965)9月18日、肥土山向の上で、大雨とともに土砂大石噴出して、すさまじい地すべりが起こった。この辺り一帯は旧噴火時代の火山灰からなる... 続きを読む

平成11年の地すべり

image

平成11年(1999)7月26日から8月8日の14日間で、2,192ミリの集中的な豪雨があったため、高瀬地区の大渡ダム右岸上部で大規模な地すべりが発生... 続きを読む

明治15年の地すべり

明治15年(1882)9月、町内で地すべりが起こり、民家5戸が倒壊、農地約50haが被害を受けた。 続きを読む

明治5年の肥土山地すべり

明治5年(1872)、肥土山で地すべりがあり、民家、農地が被災した。 続きを読む

明治15年の肥土山の地すべり

明治15年(1872)9月、肥土山地区で地すべりが発生し、民家5戸が倒壊、農地約50haが被害を受けた。 続きを読む