昭和51年の台風17号

災害年月日
1976年09月09日
市町村
高知県高知市(鏡村)
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
昭和51年(1976)9月9日~13日、台風17号による降雨のため、鏡村の敷ノ山地区では村道脇の山が幅200m、奥行き600mにわたって大規模に崩壊した。この崩壊により道路を歩いていた母子2人が巻き込まれて犠牲となった。また、崩壊した大量の土砂は柿の又川を幅50m、高さ30の土砂で完全に梅、対岸の斜面に激突したと言われている。この土砂は柿の又川を堰き止め、一時的な天然ダムを形成したと言われている。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
日本工営編「四国山地の土砂災害」(国土交通省四国地方整備局四国山地砂防事務所、2004年)、38頁及び54-55頁
情報源の種類
災害記録、災害体験集
キーワード
台風 鏡村敷ノ山 山崩れ 死者 天然ダム
NO.
高知1238

よく似た災害

天明8年の山崩れ

image

天明8年(1788)7月26日夜半、豪雨のため、物部村久保高井で大規模な崩壊(土量約220万立米)が発生し、被害は死者28人、流失・埋没家屋28軒に及... 続きを読む

昭和50年の台風5号

image

昭和50年(1975)8月17日8月50分、台風5号が宿毛市付近に上陸し、四国西岸をかすめた後、昼過ぎには伊予灘に抜けた。仁淀川周辺では1時間雨量は上... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月、南海地震により、大川村のつえ谷で大きな崩壊が発生したと言われている。 続きを読む

天武天皇13年の地震

白鳳13年(684)10月14日、土佐を中心とした大地震で、田地50余万代(1,147町歩)が海中に没したと言われている、幡多郡の陸続きの黒田郡が海底... 続きを読む

文化12年の洪水

文化12年(1815)、物部川が竹が端で決壊した。「亥の大変」と言われている。 続きを読む