平成10年の高知豪雨

災害年月日
1998年09月24日
市町村
高知県
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
平成10年(1998)9月24日正午頃から25日早朝にかけて、秋雨前線により強雨となった。高知市、南国市、土佐山田町では9月の平均値の2.5~3倍となる記録的な豪雨となった。このため、高知市など県中部を中心に土砂災害、浸水被害が多発した。JR土讃線、国道32号、国道56号などの主要幹線は至る所で寸断され通行止めになるなど、道路の破壊540箇所、河川の破壊箇所等29箇所、山崩れ・崖崩れ257渇水所、砂防施設損壊17箇所に上った。(脇田茂、横山俊治)
地理院地図
Googleマップ
参考文献
日本応用地質学会中国四国支部編「中国四国地方の応用地質学」(日本応用地質学会中国四国支部、2010年)、86頁及び104-105頁
情報源の種類
学術論文、雑誌論文
キーワード
豪雨 土砂災害 国道32号 国道56号 通行止め
NO.
高知1247

よく似た災害

平成5年7月28日の豪雨

平成5年(1993)7月28日、記録的豪雨により、県内道路網が冠水や土砂崩れなどで寸断された。本町内も高須~徳島県山城町西宇と大豊町小川~角茂谷間が通... 続きを読む

平成5年10月の土砂崩れ

平成5年(1993)10月9日夜8時過ぎ、西宇の国道32号で土砂崩壊、全面通行止めとなる。11月8日に片側通行が可能となった。 続きを読む

平成元年の8月30日の豪雨

平成元年(1989)8月30日、県中東部は記録的な集中豪雨となり、浸水、道路冠水、崖崩れなどの被害が続出した。国道55号は、芸西村で1.3km冠水、安... 続きを読む

平成10年の高知豪雨災害

平成10年(1998)9月25日、秋雨前線豪雨により、深渕地点の流量は約3,700m/秒となった。隣接する二級河川の国分川では未曾有の大災害となったが... 続きを読む

平成10年の高知豪雨

平成10年(1998)9月25日、秋雨前線豪雨(高知豪雨)により、深渕上流12時間雨量は266ミリ、深渕地点流量は約3,700立米/秒となった。隣接す... 続きを読む