昭和21年の南海地震

災害年月日
1946年12月21日
市町村
高知県
災害種類
地震・津波  
概要
昭和21年(1946)12月21日4時20分頃、潮岬南方30km付近で起こった大地震は、1府24県にわたって被害を及ぼした。中でも高知県の被害が最も大きく、死者679人、負傷者836人、全壊家屋4,834戸、田畑浸水3,030町歩に及んだ。地震により室戸岬付近が隆起し、土佐湾の奥方面が沈下した。この報告では、一般、鉄道、港湾、河川・道路・橋梁に分けて、昭和南海地震の報告が行われている。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
金井清・脇沢正・栗栖義明・福岡正巳「南海大地震災害報告」(土木学会編「土木学会誌Vol.32-1」1947年)、27-44頁
情報源の種類
学術論文、雑誌論文
キーワード
昭和南海地震 死者 地盤隆起・地盤沈下
NO.
高知1254

よく似た災害

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日4時20分頃、潮岬南方30km付近で起こった大地震は、1府24県にわたって被害を及ぼした。中でも高知県の被害が最も大... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日、潮岬の南南西沖数十kmの海底を震源とする南海道大地震が起こり、大津波を生じ、紀伊水道の両側沿岸並びに土佐湾の沿岸は... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日4時19分、南海道沖大地震が起こり、その後津波が来襲した。室戸・足摺岬では地盤が隆起し、その他では地盤が沈下した。被... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日、南海地震(M8.1)が起こった。四国の南部では著しく土地が隆起し、四国北部では沈下した。沈下は新居浜市付近で55c... 続きを読む

昭和21年の南海地震

image

昭和21年(1946)の南海地震により、足摺岬半島の全域で隆起し、唐船島に生物遺骸の隆起痕跡が残されている。この報告では、足摺岬について、史料及び隆起... 続きを読む