宝永4年の地震による加奈木崩れ

災害年月日
1707年10月28日
市町村
高知県室戸市
災害種類
土砂災害  地震・津波  
概要
宝永4年(1707)、地震により、加奈木崩れが発生した。加奈木の崩えでは岩盤クリープの地形的特徴である線状凹地や山向きの低崖が見られる。この研究では、過去の南海地震の斜面災害について歴史資料及び現地調査に基づき、南海地震の斜面災害の特徴が報告されている。
地理院地図
Googleマップ
参考画像
参考文献
長谷川修一・小嶋俊博・菅原大介・斉藤章彦「過去の南海地震による斜面災害」(土木学会四国支部編「土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集Vol.9」2003年)、187-188頁
情報源の種類
学術論文、雑誌論文
キーワード
宝永地震 加奈木崩れ 斜面災害
NO.
高知1273

よく似た災害

宝永4年の地震による加奈木崩れ

image

宝永4年(1707)、地震により、加奈木崩れが発生した。加奈木の崩えでは岩盤クリープの地形的特徴である線状凹地や山向きの低崖が見られる。この研究では、... 続きを読む

宝永4年の地震による五剣山の崩壊

image

宝永4年(1707)、地震により、五剣山が崩壊した。五剣山の山頂には浮き石状となった火山角礫岩が見られる。この研究では、過去の南海地震の斜面災害につい... 続きを読む

安政元年の南海地震による善徳の地すべり

安政元年(1854)、安政南海地震により、善徳の地すべりがあったと言われているが、記録に乏しく、その規模等の詳細は分かっていない。この研究では、過去の... 続きを読む

安政元年の南海地震による有間の大崩壊

安政元年(1854)、安政南海地震により、有間の大崩壊があったと言われているが、記録に乏しく、その規模等の詳細は分かっていない。この研究では、過去の南... 続きを読む

安政元年の南海地震によるとうじ山の崩壊

安政元年(1854)、安政南海地震により、とうじ山の崩壊があったと言われているが、記録に乏しく、その規模等の詳細は分かっていない。この研究では、過去の... 続きを読む