昭和50年の土砂災害

災害年月日
1975年08月17日
市町村
高知県
災害種類
土砂災害  
概要
昭和50年(1975)8月17日、台風5号による土砂災害で、77人の犠牲者を出した。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
栃木省二「台風17号による高知県中央部に発生した土砂災害の特性について」(砂防学会編「砂防学会研究発表会概要集No.26」砂防学会、1977年、所収)、78頁
情報源の種類
学術論文、雑誌論文
キーワード
土砂災害 台風 死者
NO.
高知1290

よく似た災害

昭和50年の台風5号

image

昭和50年(1975)8月17日、台風5号による豪雨のため、伊野町では23人に犠牲者を出した。なかでも神谷割石地区では、集会所に避難中の住民が土石流の... 続きを読む

昭和47年の繁藤災害

image

昭和47年(1972)7月5日早朝、土佐山田町繁藤で生き埋めになった人の救出作業中、午前11時頃山が崩壊し、地元地区民、消防団員ら60人の犠牲者を出し... 続きを読む

明治32年の土砂災害

明治32年(1899)8月28日、台風により、吉野川上流域で土砂災害が起こり、被害は死者16人、行方不明32人、全壊74戸に及んだ。(吉野川上・中流域... 続きを読む

平成16年の台風15号による土砂災害

image

平成16年(2004)8月17日~18日、台風15号による豪雨のため、大野原町落合地区では土石流が発生し、下流で2人の犠牲者が出た。 続きを読む

明治25年の保瀬の崩壊

image

明治25年(1892)7月、豪雨により、海南町保瀬で大崩壊が起こり、47人の犠牲者を出した。この時も、高磯山の崩壊と同様に、崩壊した土砂が河谷を埋めて... 続きを読む