昭和50年の土砂災害

災害年月日
1975年08月17日
市町村
高知県仁淀川流域
災害種類
土砂災害  
概要
昭和50年(1975)8月16日夜半から、高知県南西部は台風5号の暴風雨圏に入り、強い雨を伴う東よりの風が吹いた。さらに17日12時過ぎからは雷を伴う激しい降雨となり21時過ぎまで続いた。総雨量は柿の又で937ミリ、最大時間雨量は上八川で15時~16時に133ミリを記録した。この豪雨による被害は死者72人、行方不明5人、全壊家屋612戸等に及んだ。また、崩壊地は8,424箇所、土石流が140箇所で発生した。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
中筋章人・足立勝治・中山政一・二宮寿男・大八木俊治・清野雅雄「昭和50年仁淀川流域土砂災害の実態と特性」(砂防学会編「砂防学会研究発表会概要集No.26」砂防学会、1977年、所収)、80-81頁
情報源の種類
学術論文、雑誌論文
キーワード
土砂災害 台風 豪雨 死者
NO.
高知1292

よく似た災害

昭和49年の土砂災害

昭和49年(1974)7月6日正午過ぎから、徳島地方は台風8号により雨が強くなり、6日24時までの12時間に250ミリ、最大時間雨量70ミリを記録した... 続きを読む

昭和50年の土砂災害

昭和50年(1975)8月22日未明より襲来した台風5号は、徳島県下に記録的な豪雨をもたらし、最高雨量は剣山で812ミリに達した。県下の被害は死者15... 続きを読む

平成11年9月の土砂災害

平成11年(1999)9月、台風16号による集中豪雨のため、重信川流域で崩壊、土石流が発生した。重信川近隣の総雨量は成就社で318ミリ、富郷で286ミ... 続きを読む

昭和57年の土砂災害

image

昭和57年(1982)8月、台風13号による豪雨により、大豊町岩原のトウジ山が大崩壊を起こした。この時の崩壊土砂は推定4万立方mで、昭和55年から造ら... 続きを読む

平成16年の台風23号による土砂災害

平成16年(2004)10月19日~20日、台風23号により、香川県東部の山間部を中心に豪雨となった。前山では時間雨量が125ミリに達し、東かがわ市の... 続きを読む