大正12年の干ばつ

災害年月日
1923年08月00日
市町村
徳島県阿南市
災害種類
渇水  
概要
大正12年(1923)8月、干天が30余日となり、稲作にかなりの被害を与えた。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
沖野舜二著「新野町民史」(新野町史編集委員会、1960年)、311頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ
NO.
徳島395

よく似た災害

明治43年の台風

明治43年(1910)9月8日、台風が土成町地方を通過し、降雨量は105.7ミリとかなりの大雨であった。風速は比較的弱かったが、稲の開花期にあたってい... 続きを読む

大正15年の干ばつ

大正15年(1926)7月初めに大雨があった後、8月は干天続きで稲作に被害が出て、この年の反収は1石6斗9升だった。 続きを読む

大正2年の降雹

大正2年(1913)4月、梅の実大のひょうが降り、農作物に甚大な被害を与えた。 続きを読む

大正7年9月の台風

大正7年(1918)9月14日、台風が南紀に上陸した。雨量は少なかったが、稲の開花期に辺り、8月の低温・多雨と重なり、稲に被害を与えた。 続きを読む

大正6年の干ばつ

大正6年(1917)6月~8月、干天が続き(空梅雨で、7月は降雨2日間)、、農作物の被害が多く出た。(香川県、高松気象台、引田町等の資料による) 続きを読む