明治25年の山崩れ

災害年月日
1892年07月23日
市町村
徳島県勝浦町
災害種類
土砂災害  
概要
明治25年(1892)7月23日、福原村田野々の葛又山(こずまたやま)の崩壊により、棚野村では三渓字上川原堤防、豊毛本(ほけもと)堤防、天狗嶽井堰、庚申井堰が決壊した。また、立川道路、樫渕道路のほか、75箇所が決壊した。(長田八百三氏日記、横瀬町史等による)
地理院地図
Googleマップ
参考文献
勝浦町史編集委員会編「勝浦町前史」(勝浦町、1977年)、513頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
山崩れ 葛又山 堤防決壊 井堰決壊
NO.
徳島409

よく似た災害

明治30年の台風

明治30年(1897)、数度の暴風雨により、棚野村久国字原の道路2箇所、三渓字樫渕道路、三渓字定岡道路、生比奈村生名の中角堤防が決壊した。(長田八百三... 続きを読む

明治20年の山崩れ

明治20年(1887)10月7日、末家(ずや)の山林約6町歩が崩壊し、杉その他の樹木が横倒れのまま井内谷に流れ出て、そのため谷水を堰き止め、田地にあふ... 続きを読む

昭和27年7月の大雨

昭和27年(1952)7月2日午前7時頃、大雨により、大宮荒井井堰が決壊し、井堰の東川岸が崩壊。被災の写真が掲載されている。 続きを読む

嘉永6年の山崩れ・水害

嘉永6年(1853)6月2日~9日、降雨が一週間打ち続き、所々で山々が崩壊した。友浦の山田池が決壊し、被害の田畑は数町歩に及び、村民では復旧することが... 続きを読む

昭和27年のダイナ台風

昭和27年(1952)6月22日~23日、ダイナ台風来襲。正渕(しょうぶち)井堰と大宮荒井井堰が決壊。決壊後の写真が掲載されている。 続きを読む