明治23年の山崩れ

災害年月日
1890年00月00日
市町村
徳島県徳島市
災害種類
土砂災害  
概要
明治23年(1890)、尾根丁の山が崩れて山潮が吹き、谷の下方に小さい川原ができた。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
高田豊輝著「徳島市方上地区の歴史」(高田豊輝、2007年)、179頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
山崩れ 山潮
NO.
徳島440

よく似た災害

安政4年の山崩れ

安政4年(1857)、20日近く雨天が続いた後、7月1日に大雨が降り、所谷の南上の山が崩れて山潮が吹いた。戸櫃の高さ(約1m)まで濁流が来たことを示す... 続きを読む

明治25年の山崩れ

明治25年(1892)7月23日、福原村田野々の葛又山(こずまたやま)の崩壊により、棚野村では三渓字上川原堤防、豊毛本(ほけもと)堤防、天狗嶽井堰、庚... 続きを読む

嘉永6年の山崩れ・水害

嘉永6年(1853)6月2日~9日、降雨が一週間打ち続き、所々で山々が崩壊した。友浦の山田池が決壊し、被害の田畑は数町歩に及び、村民では復旧することが... 続きを読む

享保14年の干ばつ・台風

享保14年(1729)、大日照り、8月、9月には大風が吹き、作物ができなかった。 続きを読む

寛永3年の山崩れ

寛永3年(1626)、大雨による山崩れで、神宮寺所有の向屋敷、はら、城の下1反2畝が永荒となった。 続きを読む