検索結果

158件のアーカイブスが見つかりました。

条件:高知県 南国市

年代順で並び替える : |

宝永4年の地震

宝永4年(1707)の津波により、下田村寺家に移っていた正興寺の古文書が流失した。 続きを読む

宝永4年の台風

宝永4年(1707)8月、暴風雨。 続きを読む

宝永4年の台風

宝永4年(1707)8月9日~10日、暴風雨。 続きを読む

宝永4年の台風

宝永4年(1707)8月19日、土佐国内に大暴風雨があった。立田村では被害が非常に大きく、上咥内では竹が端堤防が決壊し、東西の田畑が残らず荒れ地となり、長く免租となった。(「立田村誌」による) 続きを読む

宝永4年の地震

宝永4年(1707)10月4日、大地震と津波。立田上咥内(かみこうない)あたりの物部川堤防が切れ、田畑は荒れ地になった。前浜の東、切戸を津波が押し切った。 続きを読む

宝永4年の地震

宝永4年(1707)10月4日、大地震により、「南路志」に種崎一村亡所となる、溺死者704人などと記されている。本村も多大の被害があったであろうが記録はない。古老伝説によると、宝永4年の大地震の海嘯は当村、三嶋村下島の海浜切戸を押し切り、西は浜改田の低地を打越... 続きを読む

宝永4年の地震

宝永4年(1707)10月4日午の刻(正午)より揺れはじめ、これに伴い津波が起こり、前浜の東、古湊の切戸を押し切って大潮が高く北上して、伊都多神社の前から東の窪まで来た。人心は恟々として大藪の中に畳や筵を敷いて日夜を過ごし、あるいは遠く北へ走って立田村岩村の辺... 続きを読む

宝永4年の地震

宝永4年(1707)10月4日、大地震と津波。「田村誌」によると、津波は前浜の東、古湊の切戸を押し切って大潮が北上して、伊都多神社の前から東の窪まで来た。このため、人々は大藪の中に畳や筵を敷いて過ごしたり、立田村や岩村の辺りまで逃げたものもあるという。また、「... 続きを読む

宝永4年の地震

宝永4年(1707)10月4日午の刻、地震が発生し、これに伴い津波が起こり、前浜の東の古湊の切戸を押し切って大潮が北上して伊都多神社の前から東の窪まで来た。人々は、大藪のなかに畳や筵を敷いて日夜を過ごしたり、遠く北へ走って立田村・岩村の辺りまで逃げた者もあると... 続きを読む

宝永4年の地震

宝永4年(1707)10月4日、大地震により、南国市の南部一帯は高潮による海水の流入により大被害を受けた。谷陵記には「物部三ヶ一亡所廿四人死、上田村在家中半迄潮入流家少シ、下島亡所、久枝亡所、前浜半亡所、里改田潮ハ家迄、浜改田潮ハ田丁残ナシ、家ニハ中半迄、流家... 続きを読む

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 16