検索結果

84件のアーカイブスが見つかりました。

条件:高知県 大豊町

年代順で並び替える : |

平成16年の台風16号

平成16年(2004)8月30日~31日、台風16号により、土讃線の土佐穴内・大田口間で土砂崩壊、三縄・新開間で倒木等、予土線の真土・西ケ方間で土砂崩壊が発生した。31日には多度津~高知間では大雨のためほぼ終日にわたり列車の運転を見合わせ、バス代行輸送を実施し... 続きを読む

平成16年の台風10号

平成16年(2004)7月31日、台風10号が高知県に上陸し、時速10kmという超低速で進み、8月1日に日本海に抜け熱帯高気圧になった。中村市では8月2日に豪雨に見舞われ、2日深夜0時からの3時間で200ミリを越える雨が降り、市街中心部で床上・床下浸水が続出し... 続きを読む

平成16年の台風10号

平成16年(2004)8月1日、台風10号により、予土線の真土~江川崎間で土砂流入の災害が発生し、2日は終日運転を見合わせた。また、台風が通り過ぎた4日には土讃線の大杉トンネルで大雨の影響と思われる内壁のコンクリートはく落事故が発生し、阿波池田~高知間で終日バ... 続きを読む

平成16年の台風10号

平成16年(2004)8月1日、大豊町大久保の国道32号の路側擁壁が崩壊した。崩壊が発生したと推測される時間までの連続降雨量は400ミリを越えており、時間最大雨量は47ミリ(8月1日9時~10時)が観測されているため、崩壊が発生する数時間前に猛烈な降雨に見舞わ... 続きを読む

平成16年の台風10号

平成16年(2004)7月31日、台風10号により、嶺北地方は交通網が各所で寸断され、半ば陸の孤島と化した。大久保で国道32号が崩落したほか、和田と西峰で土砂崩れが相次ぎ、4戸が一部破損した。 続きを読む

平成16年のJR大杉駅の火災

平成16年(2004)1月2日午後10時頃、中村大王のJR土讃線大杉駅から出火し、木造の駅舎約120㎡が全焼した。駅舎には火の気はなかった。たばこの火の不始末が原因ではないかとの見方もあったが、出火原因の特定には至らなかった。この火災で列車3便が最大で1時間遅... 続きを読む

平成14年の東土居の火災

平成14年(2002)12月13日午前4時過ぎ、東土居で民家や倉庫など計13棟、1,200㎡余を全焼する火災が発生した。けが人はなかったが、現場は豊永小学校(現大豊小学校)下の住宅密集地で、消防車や避難する住民たちで騒然となった。火元は住宅兼雑貨店の1階居間の... 続きを読む

平成11年の台風5号

平成11年(1999)7月27日~29日、台風5号の大雨により大豊町内各地で交通が寸断した。27日正午過ぎ、大砂子で高さ・幅50mにわたり斜面が崩壊し、同日夕方までに危険区域内の5世帯11人が自主避難した。また、29日夕方、本町日浦の国道32号で長さ約70mに... 続きを読む

平成10年9月の豪雨

平成10年(1998)9月25日未明、記録的豪雨により、高須の穴内川のコンクリート製護岸が幅約70m、高さ約6mにわたって決壊した。また、国道32号の戸手野で斜面が高さ、幅とも約50mにわたり崩壊し、大量の土砂が道路をふさいで穴内川まで流れ込み、全面通行止めと... 続きを読む

平成10年9月の豪雨

平成10年(1998)9月24日~25日の豪雨のため、25日13時30分頃、大豊町戸手野地先の国道32号が法面決壊により通行止めとなった。被災状況及び応急復旧対策の経過等が記されている。 続きを読む

1 2 3 4 5 6 7 9