検索結果

56件のアーカイブスが見つかりました。

条件:徳島県 那賀町(上那賀町)

年代順で並び替える : |

平成16年の台風10号

平成16年(2004)7月31日、台風10号が高知県に上陸し、時速10kmという超低速で進み、8月1日に日本海に抜け熱帯高気圧になった。神山町では、日雨量が588ミリと気象庁の観測史上最高となり、家屋は浸水、道路は橋の流失や土砂崩壊により寸断された。木沢村では... 続きを読む

平成16年の台風10号

平成16年(2004)7月31日から8月2日にかけて、徳島県は台風10号による豪雨となった。1日午後8時頃に上那賀町白石地区で土石流が発生し、住宅20数戸が全半壊や土砂に埋もれるなどの被害を受けたが、午後3時頃から自主的な避難が行われており、人的被害はなかった... 続きを読む

平成16年の台風10号

平成16年(2004)8月10日、台風10号により、上那賀町海川の日降雨量が1,317ミリになるなど記録的な豪雨となり、徳島県西部の山間部では甚大な土砂災害と浸水被害が発生した。特に木沢村では、大規模崩壊・土石流によって行方不明2人の被害のほか、道路の寸断が多... 続きを読む

平成16年の台風10号

平成16年(2004)、台風10号により、徳島県那賀町で大規模な土砂災害が発生した。 続きを読む

平成16年の台風10号

平成16年(2004)7月30日夜から8月2日にかけて、台風10号により、徳島県は記録的な豪雨となった。那賀川上流の海川雨量観測所では日雨量1,317ミリを記録した。この豪雨のため、上那賀町白石で土石流が発生し、下流部の集落の家屋5棟を全壊させた。土石流の発生... 続きを読む

平成16年の台風10号

平成16年(2004)7月30日午後8時頃から、台風10号による雨が降り始め、8月2日まで断続的に降り続いた。総雨量は上那賀町海川で2,050ミリ、小見野々で1,734ミリに、8月1日の日雨量は海川で1,317ミリ、小見野々で1,195ミリに及んだ。この豪雨に... 続きを読む

平成16年の台風10号

平成16年(2004)7月30日~8月2日の4日間、台風10号により、四国の南東部は記録的な豪雨に見舞われた。上那賀町白石地区では、土石流が谷頭部にあたる標高530m付近の林道下から発生し、渓流沿いに比高差250m、水平距離で約600流下した。この崩壊により住... 続きを読む

平成16年の台風10号

平成16年(2004)、台風10号による集中豪雨のため、旧上那賀町白石地区で大きな斜面崩壊、土石流が発生し、家屋流出などの被害が出たが、地域住民が事前に公民館等の安全な場所に自主避難していたため人的被害はなかった。この論文では、那賀町上那賀地区を対象としたアン... 続きを読む

平成16年台風10号による土砂災害

平成16年(2004)の台風10号は、那賀川上流域の海川で日雨量1,317ミリを観測するなど記録的豪雨をもたらした。豪雨は海川を含む南西から北東にかけての狭い帯状の地域で観測されたが、大規模な斜面崩壊は海川周辺よりもその北東に位置する大用知、加州、阿津江周辺に... 続きを読む

平成11年の台風7号

平成11年(1999)7月31日~8月4日、台風7号により、徳島県では南東斜面を中心に大雨となった。7月31日~8月4日の総降水量は木頭で520ミリ、上勝町福原旭で282ミリを観測した。8月1日15時30分頃、上那賀町大殿の国道195号で山腹崩壊が発生した。 続きを読む

1 2 3 4 5 6