検索結果

35件のアーカイブスが見つかりました。

条件:愛媛県 愛南町(御荘町) 風水害

年代順で並び替える : |

昭和20年の枕崎台風

昭和20年(1945)9月17日、枕崎台風は豊後水道を斜めに進み、夜半近くから中心が郡内をかすめて通過した。近年例がないほど風力が強く、雨戸が吹き飛ばされて夜半に避難したり、海岸では高潮のため山際に逃れたりした所もあった。家の瓦やとたん屋根は吹き飛ばされ、農作... 続きを読む

昭和18年の大雨

昭和18年(1943)7月、大雨が数日降り続き、僧都川の堤防が城辺地区で2箇所大きく決壊し、御荘町でも観栄橋付近で土手が崩れ、和口橋や観栄橋も流失し、田地が浸水したり、土砂に埋まるなど被害は甚大であった。菊川地区では、軍用資材の切り出しが行われていたため。各所... 続きを読む

昭和2年の台風

昭和2年(1927)9月、暴風雨のため、中浦で死者1人。 続きを読む

大正9年の台風

大正9年(1920)8月15日、台風は四国西部を通過し、瀬戸内海より北東に進路を変え、日本海に出た。南予及び東予で降雨が多く、特に南予の御荘では15日224ミリ、16日247ミリ、17日117ミリの連続降雨に見舞われ、大山津波が起こり、多くの死傷者が出た。(「... 続きを読む

大正9年の台風

大正9年(1920)8月15日、台風により、東予、南予で降雨多く、御荘では大山津波起こり、多数の死傷者を出した。(「愛媛県史概説」等による) 続きを読む

大正9年の豪雨

大正9年(1920)8月、豪雨による大洪水のため僧都川が氾濫し、観栄橋を含むほとんどの橋が流された。城辺でぎおん祭りの斗牛がひらかれていたが、集まっていた人たちが帰るのに、橋が流されて困ったということから、いかに急な洪水であったかが分かる。郡内各地で大きな被害... 続きを読む

大正3年の台風

大正3年(1914)9月、大暴風雨により、御荘町その他各地で家屋が倒壊し、圧死者も出た。御荘町内の死者は中浦1人、菊川1人であった。 続きを読む

大正2年の集中豪雨

大正2年(1913)7月、集中豪雨のため僧都川の堤防が決壊し、平城でも家屋の浸水があった。 続きを読む

明治44年の台風

明治44年(1911)8月、暴風雨により僧都川が氾濫し、架け替えたばかりの観栄橋が流され、田畑の浸水、農作物の被害も甚大であった。その復旧はくわ、じょうれん、もっこなどを使って行われ、人々の苦労は並大抵ではなかったという。 続きを読む

明治42年の台風

明治42年(1909)8月、暴風雨により、高知県南西部沿岸にサンゴ漁に出ていた漁船が遭難漂流し、郡内漁民15人が死亡、53人が行方不明というこの地方最大の人的被害が出た。この時、猿鳴の漁民1人が死亡し、中浦の漁民3人が漂流中に救助されたという。 続きを読む

1 2 3 4