検索結果

80件のアーカイブスが見つかりました。

条件:高知県 奈半利町

年代順で並び替える : |

天武天皇13年の地震

白鳳13年(684)10月14日、大地震が発生した。「続日本記」には「土佐国の田苑50余万項没して海となる」と記されており、伝説では室戸岬から足摺岬の間にあった4郡、あるいは黒田郡が陥没したいう。 続きを読む

天武天皇13年の地震

白鳳13年(684)10月14日、大地震が発生し、九州、南海、東海一帯は大災害を受けた。 続きを読む

宝亀元年の風雨

宝亀元年(770)7月の記録に、「風雨大切、四郡(当時の土佐は四郡)の百姓産業損傷す。加うるに人畜流亡、廬舎破壊す。」と記されている。 続きを読む

慶長5年の台風

慶長5年(1600)7月13日、大暴風雨が起こり、洪水となった。 続きを読む

慶長9年の地震

慶長9年(1604)、夜半に大地震が発生し、大津波が起こり、奈半利平野は一面に海水が入り、潰家、流出があり、死者も相当あったと伝えられている。 続きを読む

慶長9年の地震

慶長9年(1604)12月16日夜半に大地震が発生し、大津波を伴い、奈半利平野は一面に海水が入り、潰家、流出家屋、死者等の大被害があったことが伝承されている。 続きを読む

寛永3年の大雨

寛永3年(1626)4月から雨がほとんど降らず、8月に至って大雨が降り続いて大洪水となり、奈半利の堤防が決壊した。堤防構築したのは寛永16年(1639)であった。(「高知年鑑」、「田野文化史」、「奈半利町史考」、「北川風土記」による) 続きを読む

寛永3年の洪水

寛永3年(1626)8月、大雨が降り続いて大洪水となり、堤防が決壊した。寛永13年に堤防を構築した。 続きを読む

寛永14年の風雨

寛永14年(1637)7月4日、風雨。(「奈半利町史」による) 続きを読む

万治3年の台風

万治3年(1660)9月24日、大暴風雨により、被害は甚大であった。 続きを読む

1 2 3 4 5 6 8