検索結果

52件のアーカイブスが見つかりました。

条件:高知県 高知市 地震・津波

年代順で並び替える : |

昭和35年のチリ地震津波

昭和35年(1960)5月、チリで発生した大地震の影響で津波が来襲した。被災写真が掲載されている。 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日の南海地震により、高知市では40~100cm、平均52cmの地盤沈下が認められ、高知県下で最大の沈下量を示している。地震による高知市の被害は家屋倒壊3,000戸、国分川・下田川・久万川の堤防決壊10箇所、浸水面積3,300町歩... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日の南海地震により、高知市では河川堤防が決壊し、長期にわたり甚大な浸水被害をこうむった。この研究では、これまで不明確であった昭和南海地震による高知市の河川堤防被害箇所について、当時の「高知市震災復旧工事箇所」に関する資料や高知大... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日午前4時15分過ぎ、南海大地震が起こった。高知市は鏡川下流三角州の軟弱地盤に位置しているため、地震に伴う地盤の不等沈下のため多くの家が倒壊するとともに、下知、潮江などの低湿地では広い範囲で浸水して、大きな被害を出した。被害は、... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日の南海地震により、高知市では河川堤防が決壊し、長期にわたり甚大な浸水被害をこうむった。しかし、河川堤防の場所や被害の程度などを詳細な記述は見当たらない。この研究では、これまで不明確であった昭和南海地震による高知市の河川堤防被害... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日午前4時15分に、南海地震が発生した。家屋の倒壊、堤防決壊、地盤沈下等により甚大な被害が出た。(写真10枚) 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日、南海大地震が勃発し、津波により宇佐町を中心に大きな被害が出た。当時でも主要な港湾には自記水位計が設置されていたが、津波の直撃を受けて記録をとれていなかった。幸い仁西観測所は直撃を免れて、地盤沈下量1.2mという数値が測定でき... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日午前4時15分、M8.0、震度6の烈震が高知市を襲った。高知市内では前年の大空襲の戦災を免れた東部方面で家屋の倒壊が著しく、葛島橋付近の堤防に亀裂が生じ、高潮の時刻に堤防を破壊して海水が入り込んだため、この方面はたちまち水浸し... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日、M8.1の南海道大地震が直撃し、大きな被害をもたらした。被災写真が掲載されている。 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日、南海地震により大津地区でも大きな被害を受けた。この震災と高潮による被害は、国分川改修に反対してきた国分川北岸の人々を沈黙させる結果となり、昭和22年に地盤沈下復旧事業として葛島から砂地、田辺島、布師田を経て岡豊までの河川改修... 続きを読む

1 2 3 4 5 6