元暦元年の大雨

災害年月日
1184年06月10日
市町村
香川県善通寺市
災害種類
風水害  
概要
元暦元年(1184)5月1日、大雨により満濃池の堤防が大決壊し、山津波となって金倉川流域一帯に大被害を与えたと伝えられている。
Googleマップ
参考画像
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
善通寺市編「善通寺市史 第一巻」(善通寺市、1977年)、860頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
大雨 満濃池 堤防決壊 金倉川
NO.
香川2331

よく似た災害

宝暦元年の暴風

宝暦元年(1751)6月12日、大暴風。船が大被害を受け、この時羽根の里屋は大阪通いの回船を7隻沈めたと言い伝えられている。 続きを読む

康安元年/正平16年の地震

康安元年/正平16年(1361)6月24日、紀伊半島沖を震源とするM8.4の大地震により、大阪の四天王寺、京都の東寺、奈良の薬師寺、和歌山の熊野神社が... 続きを読む

康安元年/正平16年の地震

康安元年/正平16年(1361)6月24日、紀伊半島沖を震源とするM8.4の大地震により、大阪の四天王寺、京都の東寺、奈良の薬師寺、和歌山の熊野神社が... 続きを読む

寛文元年の地震

寛文元年(1661)11月19日、大地震が発生したと伝えられているが、古文書等の記録が残っていないので、詳細は不明である。 続きを読む

安政元年の土砂災害

安政元年(1854)11月5日、南海地震により、虚空蔵山(こくぞうさん)の光岩が裂けたと伝えられている。(「南海大震災誌」による) 続きを読む