大正元年の台風

災害年月日
1912年08月23日
市町村
高知県室戸市
災害種類
風水害  
概要
大正元年(1912)8月23日~24日の大暴風雨では、安芸郡の被害が最も大きかった。羽根村では23日午前11時から翌24日午前4時まで吹き、新築の小学校2棟、八幡宮本殿、境内摂社2棟、拝殿は半壊、鑑雄神社の本殿・拝殿とも倒壊、寺院2、人家倒壊372戸、半壊167戸、漁船・海浜の山林の8分、作物の6分が被害を受け、戎町に波浪が侵入し、道路は2尺余の深になる大被害を生じた。
Googleマップ
参考画像
参考文献
十兵衛会編「羽根村史」(羽根村、1957年)、339頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 羽根八幡宮 鑑雄神社 高波
NO.
高知1580

よく似た災害

大正元年の台風

大正元年(1912)8月23日午前11時から翌24日午前4時まで、台風が猛威を振るった。この台風により、完成したばかりの羽根尋常高等小学校の2棟が倒壊... 続きを読む

大正元年の台風

大正元年(1912)8月23日正午頃から翌24日午前4時頃まで室戸地方に襲来した暴風雨は、一大被害をもたらした。羽根では、小学校の新築校舎、中川内分校... 続きを読む

大正元年8月の台風

大正元年(1912)8月13日、大型台風が土佐湾から夜須付近に上陸した。このため、海岸では高潮と暴風で松の大木が倒れ、羽根村では新築小学校2棟、中川内... 続きを読む

大正元年の台風

大正元年(1912)9月22日午前10時、松山測候所は暴風雨の警標を掲げたが、夕刻より絶え間なく降り出し、風も加わり、23日午前12時頃最も猛烈を極め... 続きを読む

大正元年8月の台風

大正元年(1912)8月23日夜、台風が土佐沖を北上して夜須付近に上陸した。東部は烈しい暴風雨、高潮となり、被害甚大であった。安芸郡の被害は死者33人... 続きを読む