正徳3年の長雨

災害年月日
1713年05月00日
市町村
高知県須崎市
災害種類
その他(長雨)  
概要
正徳3年(1713)4月中旬、長雨のため、麦不稔。押岡残らず、わらびを掘る。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
須崎市史編纂委員会編「須崎市史」(須崎市、1974年)、984頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
長雨
NO.
高知2286

よく似た災害

正徳3年の長雨

正徳3年(1713)4月中旬、長雨により、麦不稔、在所中(押岡)残らず、わらびを掘る。 続きを読む

正徳元年の火災

正徳元年(1711)2月、久万町村で出火、御茶屋ならびに民家残らず家屋196戸焼失。(「増田家記」による) 続きを読む

正徳元年の火災

正徳元年(1711)2月、久万町村で出火、御茶屋ならびに民家残らず家屋196戸焼失。(「増田家記」による) 続きを読む

正徳3年の台風

正徳3年(1713)、暴風雨のため、農作物の被害が大きく、屋根が飛び、樹木が多く倒れる。(「庄屋記録」、「讃岐国大日記」、「高松藩記」による) 続きを読む

正徳5年の火災

正徳5年(1715)12月3日、火災。南路志には「3日、御小人町大火三百五六十軒焼ける。火元南奉公人町二丁目。通町3、東川筋、水通2、東川端焼ける。8... 続きを読む