昭和51年の台風17号

災害年月日
1976年09月12日
市町村
高知県室戸市
災害種類
風水害  
概要
昭和51年(1976)9月12日の台風17号は総雨量510ミリを記録した雨台風である。豪雨に見舞われた羽根川筋は400年にわたって開田してきた美田は川原となった。黒見、中川内、三十代、中野、大岸、曽津の堤防はすべて決壊した。
Googleマップ
参考文献
山本武雄「室戸岬測候所と羽根を襲った台風」(土佐史談会「土佐史談第224号」、2003年)、109頁
情報源の種類
学術論文、雑誌論文
キーワード
台風 豪雨 羽根川 堤防決壊
NO.
高知3137

よく似た災害

昭和45年の台風10号

昭和45年(1970)8月、吉野川では、台風10号による出水が昭和29年につぐ大洪水となり、無堤部は全域にわたって浸水した。 続きを読む

昭和45年の台風10号

昭和45年(1970)8月21日、台風10号が来襲し、馬場の日吉谷川の堤防が10mにわたって決壊した。 続きを読む

昭和49年の台風14号

昭和49年(1974)8月18日、台風14号の髙波により、久枝海岸波堤が30mにわたって崩れた。 続きを読む

昭和28年の台風13号

昭和28年(1953)9月25日の台風13号による高波によって、新居海岸の池の浦海岸堤が1,350mにわたって崩れた。 続きを読む

昭和49年の地すべり

昭和49年(1974)10月頃から長入の住宅軒下から下の畑にかけて、長さ100m、幅数cmの亀裂ができた。愛媛大学の中村忠春教授の調査の結果、井口谷川... 続きを読む