昭和50年の台風6号

災害年月日
1975年08月23日
市町村
徳島県阿南市(羽ノ浦町)
災害種類
風水害  
概要
昭和50年(1975)8月23日1時半頃、台風6号は蒲生田岬をかすめ、徳島県東岸、淡路島沿いに進み、神戸市南西海岸に上陸した。22日早朝から大雨となり、雨は23日4時頃まで激しく降り続いた。このため、那賀川上流では総雨量が600~850ミリに達した。下流の古庄では22日10時に指定水位4.00mを超え、20時には警戒水位5.50mを突破し、23日4時には最高水位7.38m、最大流量7,213トン/秒を記録した。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
羽ノ浦町誌編さん委員会編「羽ノ浦町誌 自然環境編」(羽ノ浦町、1996年)、291-293頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 豪雨
NO.
徳島2421

よく似た災害

昭和51年の台風17号

昭和51年(1976)9月8日~13日、台風17号により、総雨量は長沢で1,855ミリ、大北川で1,659ミリ、早明浦で1,574ミリ、柳瀬で1,25... 続きを読む

昭和36年10月の大雨

昭和36年(1961)10月26日~27日、低気圧と北上した台風26号が影響した大雨により、那賀川の古庄では27日7時に最高水位7.23mに、桑野川の... 続きを読む

昭和50年の台風6号

昭和50年(1975)8月23日、台風6号により、那賀川上流域では総雨量が600~850ミリに達した。このため、下流古庄では23日4時に最高水位7.3... 続きを読む

昭和34年の台風6号

昭和34年(1959)8月8日、台風6号が足摺から安芸市付近を東北に進んだ。仁淀川、渡川上流域や魚梁瀬地方などでは総雨量700ミリに達し、渡川では8日... 続きを読む

昭和49年の台風18号

昭和49年(1974)9月7日~9日、台風18号による降雨のため、総雨量は吉野川上流長沢で318ミリ、早明浦で560ミリ、谷道で350ミリ、柳瀬で32... 続きを読む