平成19年の台風4号

災害年月日
2007年07月12日
市町村
徳島県
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
平成19年(2007)7月12日~15日、台風4号により、徳島県では各地で大雨となった。12日~15日の総降水量は那賀町木頭出原で627ミリ、上勝町福原旭で541ミリを観測した。14日、男性が用水路に転落して死亡、床下浸水2棟、山腹崩壊・落石による道路の通行止め4箇所、道路冠水による通行止め7箇所、通行止め規制雨量を越えるなどで計46箇所で全面通行止めとなった。JR全線で運転見合わせ、航空便・海上交通機関の欠航、6,014戸の停電の影響が出た。農林水産業被害総額9億5,900万円。
Googleマップ
参考文献
徳島地方気象台編「徳島県自然災害誌」(徳島県、2017年)、408-409頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 大雨 死者 山腹崩壊 停電
NO.
徳島8233

よく似た災害

平成19年の台風4号

平成19年(2007)7月15日、台風4号の影響で、県内各所で路面冠水や土砂崩れなどが相次ぎ、小川~角茂谷間が全面通行止めとなった。 続きを読む

昭和54年の土砂崩れ

昭和54年(1979)9月4日、土砂崩れのため、国道32号が南国市成合で全面通行止めとなったが、8日に片側通行。 続きを読む

平成5年10月の土砂崩れ

平成5年(1993)10月9日夜8時過ぎ、西宇の国道32号で土砂崩壊、全面通行止めとなる。11月8日に片側通行が可能となった。 続きを読む

平成5年の台風14号

平成5年(1993)9月7日~9日、台風14号により、総降水量の最大値は木頭で135ミリであった。徳島県では大きな被害はなかったが、8日~9日にフェリ... 続きを読む

平成5年の台風14号

平成5年(1993)9月7日~9日、台風14号により、総降水量の最大値は木頭で135ミリであった。徳島県では大きな被害はなかったが、8日~9日にフェリ... 続きを読む