平成30年7月の豪雨

災害年月日
2018年07月00日
市町村
高知県大豊町
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
平成30年(2018)7月豪雨により、本山観測所では累計雨量1,694ミリの降雨を記録した。この降雨により吉野川上流域の支川である立川川(大豊町)、行川、栗ノ木川(本山町)の各流域では大規模な崩壊と土石流が発生した。本報告では、立川川流域他で多数発生した大規模崩壊等の土砂移動現象を対象として、災害前後の航空レーザデータをもとに地形解析を行い、その結果から得た崩壊斜面の地域特性について報告している。
Googleマップ
参考文献
小野尚哉・笹原克夫・奥山悠木・江川真史・堀大一郎・島田徹・佐藤匠「平成30年7月豪雨による大豊町大規模崩壊の地形解析」(砂防学会編「2019年度砂防学会研究発表会概要集Vol.68」、2019年)
情報源の種類
学術論文、雑誌論文
キーワード
豪雨 土砂災害 立川川 航空レーザ 地形解析
NO.
高知5711

よく似た災害

平成30年7月の豪雨

平成30年(2018)7月、累積約1,700ミリの豪雨により、吉野川上流域の支川である立川川(大豊町)、行川、栗ノ木川(本山町)の各流域では大規模な崩... 続きを読む

平成23年の台風6号による土砂災害

平成23年(2011)7月19日、台風6号により、奈半利川流域の平鍋観測所では最大24時間雨量798ミリ、連続雨量1,067ミリという未曾有の豪雨を記... 続きを読む

平成30年7月の豪雨

平成30年(2018)7月豪雨により、高知県では死者3人、負傷者1人、住家の全壊12棟、半壊44棟、一部破損27棟、床上浸水129棟、床下浸水579棟... 続きを読む

平成23年の台風6号による土砂災害

平成23年(2011)7月19日、台風6号に伴う豪雨により、北川村で多数の斜面崩壊が発生した。人的被害はなかったものの、約4km×2kmという狭い範囲... 続きを読む

平成30年7月の豪雨

平成30年(2018)7月、梅雨前線の活発化による豪雨のため、7日未明には大豊町の高知自動車道で大規模な斜面崩壊が発生し、上り線の立川橋が流出した。ま... 続きを読む