検索結果

2434件のアーカイブスが見つかりました。

条件: 地震・津波

年代順で並び替える : |

推古36年の地震

推古36年(628)、地震。 続きを読む

推古天皇36年の地震

推古天皇36年(628)、地大いに震い、湯出ざること3年、舒明天皇3年(631)9月に至って再び出づ。(「津田家記」による) 続きを読む

天武天皇13年の地震

白鳳13年(684)、土佐沖大地震。(六国史、類聚国史、蜂須賀家記等による) 続きを読む

天武13年の地震

天武天皇13年(684)、大地震が起こった。日本書紀によると、、「人定に至りて、大きに地震る。国こぞりて男女叫び唱いてまどいぬ。則ち山崩れ河湧く。諸国の郡の官舎及び百姓の倉屋、寺塔神社、破壊之類あげて数うべからず。是によりて人民及び六畜多く死傷す。(略)土... 続きを読む

天武13年の地震

天武13年(684)、M8.4の地震により、室戸半島は隆起し、高知平野は沈下した。 続きを読む

天武13年の地震

天武13年(684)、M8.4の白鳳地震が発生した。高知で地盤沈下により12平方kmが海中に沈み、この地震に伴う津波で貢物を運んでいた船が多数沈没した。(「日本書紀」による) 続きを読む

天武天皇13年の地震

天武天皇13年(684)、地震。白鳳の大地震と言われ、土佐沖にあった黒田郷八幡畦が陥没したと伝えられている。 続きを読む

天武13年の地震

天武13年(684)、M8.4の白鳳地震が発生した。高知で地盤沈下により12平方kmが海中に沈み、この地震に伴う津波で貢物を運んでいた船が多数沈没した。(「日本書紀」による) 続きを読む

天武天皇13年の地震

白鳳13年(684)、大地震が起こった。下の加江にはこの地震に関するいくつかの口碑が残されている。小方の藤が谷の上にコガントウという山があり、津波で醸造用の大桶(こが)が打ち上げられたと伝え、それでゴガン峠という。また、今明に越える坂を稲ん峠(とう)というが、... 続きを読む

天武13年の地震

天武天皇13年(684)、大地震が起こった。日本書紀によると、、「人定に至りて、大きに地震る。国こぞりて男女叫び唱いてまどいぬ。則ち山崩れ河湧く。諸国の郡の官舎及び百姓の倉屋、寺塔神社、破壊之類あげて数うべからず。是によりて人民及び六畜多く死傷す。(略)土佐の... 続きを読む

1 2 3 4 5 6 7 244