検索結果

2434件のアーカイブスが見つかりました。

条件: 地震・津波

年代順で並び替える : |

天武天皇13年の地震

白鳳13年(684)10月14日、南海道沖大震(M8.4)。日本書紀によると、「山崩、河濡、諸国郡官舎、及び百姓倉屋、寺塔、神社、破壊之数、不可勝数」とあり。また、「土佐国田苑五十余万頃没為海」、すなわち黒田郡と称して足摺から室戸に至る土佐海岸の陸地が陥没した... 続きを読む

天武天皇13年の地震

天武天皇13年(684)10月14日、M8.4の地震が発生した。日本書紀によると、山崩れ河涌き、諸国の郡官舎、百姓倉、寺塔、神社の倒壊多く人畜の死傷多し、津波来襲し、土佐の運調船多数沈没、伊予の温泉湧出とまり、土佐では田苑50余万頃(11.3~13.7平方... 続きを読む

天武天皇13年の地震

白鳳13年(684)10月14日、地震が発生した。日本書紀によると、人定(午後10時)にいたって「山崩れ河湧き、諸国の郡の官舎及び百姓の倉屋、寺塔、神社、破壊之類あげて数うべからず」とあり、これにより人畜の死傷も多数に及んだようである。また、「時に伊予の温... 続きを読む

天武天皇13年の地震

白鳳13年(684)10月14日、大地震。日本書紀によると、この地震で土佐国田苑五十余万頃(一頃は16.5㎡)が海に没した。 続きを読む

天武13年の地震

天武13年(684)10月14日、南海道沖大震により、建物の破壊、人畜の死傷多く、土佐の田畑12平方km海となる。津波あり。 続きを読む

天武天皇13年の地震

天武天皇13年(684)10月14日22時頃、地震が発生した。日本書紀には「人定(亥の刻)に至りて、大きに地震る。国こぞりて男女叫び唱いてまどいぬ。則ち山崩れ河湧く。諸国の郡の官舎及び百姓の倉屋、寺塔、神社、破壊の類あげて数うべからず。是によりて人民及び六畜多... 続きを読む

天武13年の地震

天武13年(684)10月14日、M8.4の白鳳の地震が発生した。日本書紀によると、「人定まるに及んだ大地震あり、挙国の男女わめき叫びて東西を知らず、山崩れ河涌き、宿舎、民屋、寺塔、神社の破壊されるもの算なく、人畜の死傷おびただしく、伊予の温泉は没して出なくな... 続きを読む

天武天皇13年の地震

天武天皇13年(684)10月14日、大地震が発生した。白鳳の地震とも呼ばれている。徳島県自然災害誌によれば、歴史に残っている南海道地震最古のものだということである。「大日本地震資料」には「諸国地大ニ震フ、就中、土佐国最モ激烈ヲ極メ、田苑五十余万頃没シテ海ト為... 続きを読む

天武天皇13年の地震

白鳳13年(684)10月14日、大地震が発生した。「続日本記」には「土佐国の田苑50余万項没して海となる」と記されており、伝説では室戸岬から足摺岬の間にあった4郡、あるいは黒田郡が陥没したいう。 続きを読む

天武天皇13年の地震

白鳳13年(684)10月14日、大地震が起こった。日本書紀によると、「人定まるに及んで大地震あり、挙国の男女わめき叫びて東西を知らず。山崩れ河湧き、官舎・民屋・寺塔・神社の破壊されるもの算なく、人畜の死傷おびただしく、伊予の温泉は没して出なくなり、土佐の... 続きを読む

1 234 235 236 237 238 239 240 241 242 243 244