検索結果

2434件のアーカイブスが見つかりました。

条件: 地震・津波

年代順で並び替える : |

天武天皇13年の地震

天武天皇13年(684)10月14日、南海道沖大震(白鳳大地震)により、民家多く倒る。土佐の田苑12平方km海となる。津波ある。(「理科年表」による)/「日本書紀」によると、国中の男女が叫び逃げまどい、農民の倉や寺院の塔、神社が倒壊し多くの死傷者が出た。伊予の... 続きを読む

天武天皇13年の地震

天武天皇13年(1684)10月14日、大地震ありて、男女の叫唱東西を知らず、山崩れ河湧き人畜多く死傷す、土佐国の田苑50万頃没して海となる。(「紀事略」による) 続きを読む

天武天皇13年の地震

image

天武13年(684)10月14日、地震が発生した。日本書紀には「土佐国の田苑五十余万頃、没して海となる。」と記されており、このことは「五社鎮座傳記」(甲把瑞益著)にも引用されている。この地震により黒田郷の沈没などが伝承されているが、志和の諏訪神社は白鳳の地震で... 続きを読む

天武天皇13年の地震

天武天皇13年(684)10月14日、土佐国を震源地とした大地震が起こった。上下3千年を通じて稀に破壊的な大地震であった。文献によると、至る所で山崩れ河湧き、諸国の郡官舎及び百姓の倉庫、寺塔、神社等の破壊は数えきれぬほど甚大なもので、人民六畜の死傷おびただしく... 続きを読む

天武天皇13年の地震

天武天皇13年(684)10月14日、地震。土佐その他、南海、東海、西海諸道で津波。 続きを読む

天武天皇13年の地震

天武天皇13年(684)10月14日、大地震あり、土佐に大津波が来襲して、人家、田畑は大半が流失したと古い書物に書かれている。土佐国の収穫高は523,738石余であったが、白鳳の大地震と大津波により30万石余が流失した。 続きを読む

天武天皇13年の地震

天武13年(684)10月14日、大地震(M8.4)が発生した。有史以来の最初の巨大地震である。「日本書紀」には、「冬十月十四日任辰、亥の時に及んで、大いに震う。国を挙げて、男女叫びまどいぬ。則、山崩れ、河湧き、諸国郡官舎、及び百姓倉屋、寺塔、神社、破壊の数、... 続きを読む

天武天皇13年の地震

白鳳13年(684)10月14日、大地震が起こった。日本書紀によると、「人定まるに及んで大地震あり、挙国の男女わめき叫びて東西を知らず。山崩れ河湧き、官舎・民屋・寺塔・神社の破壊されるもの算なく、人畜の死傷おびただしく、伊予の温泉は没して出なくなり、土佐の南方... 続きを読む

天武天皇13年の地震

天武天皇13年(684)10月14日、南海道沖の大地震により、東海道、四国、九州一帯は大被害を受けた。余に白鳳の大地震という。日本書紀によると、「人民六畜多く死傷し、伊予の温泉没して出でず、土佐国田苑50余万頃(1,157町歩)没して海となる」と記されている。... 続きを読む

天武天皇13年の地震

天武天皇13年(684)10月14日、地震が発生した。日本書紀によると、人定(午後10時)にいたって「山崩れ河湧き、諸国の郡の官舎及び百姓の倉屋、寺塔、神社、破壊之類あげて数うべからず」とあり、これにより人畜の死傷も多数に及んだようである。また、「時に伊予の温... 続きを読む

1 235 236 237 238 239 240 241 242 243 244