検索結果

31件のアーカイブスが見つかりました。

条件:徳島県 三好市(西祖谷山村) 土砂災害

年代順で並び替える : |

昭和26年の善徳の地すべり

image

昭和26年(1951)10月14日、西祖谷山村善徳で山腹崩壊があり、善徳小学校などに被害があった。(「善徳地すべり」等による) 続きを読む

昭和24年の善徳の地すべり

image

昭和24年(1949)、西祖谷山村善徳で県道剣山公園~上名線100mが決壊した。田畑は30a埋没した。(「善徳地すべり」等による) 続きを読む

昭和24年の善徳地すべり

image

昭和24年(1949)、善徳で県道剣山公園~上名線が100mにわたり欠壊、田20a、畑10aが埋没した。 続きを読む

昭和20年の善徳の地すべり

image

昭和20年(1945)、西祖谷山村善徳で県道剣山公園~上名線50mが決壊した。(「善徳地すべり」等による) 続きを読む

昭和20年の善徳地すべり

image

昭和20年(1945)、善徳で県道剣山公園~上名線が50mにわたり欠壊した。 続きを読む

明治30年の土砂崩れ

明治30年(1897)9月29日午後9時~10時頃、大水により家屋裏の山畑が長さ2間、幅3間、厚さ1間程崩壊し、土砂が屋根を打ち抜いた。祖谷川で取った魚を囲炉裏で焼いて団らんを楽しんでいた家族5人が犠牲になった。 続きを読む

明治30年のがけ崩れ

明治30年(1897)9月29日、台風により、西祖谷山村閑定でがけ崩れが起こり、被害は死者5人、家屋全壊1戸に及んだ。(吉野川上・中流域の主な土砂災害による) 続きを読む

安政元年の土砂災害

安政元年(1854)11月5日、南海地震により、西祖谷山村の国見山嶺約10町(10ha)が破裂崩壊した。また、善徳の山腹でも崩壊が発生した。 続きを読む

安政元年の南海地震による善徳の崩壊

image

安政元年(1854)11月5日、南海地震(M8.4)により、西祖谷山村の善徳や国見山が崩壊した。 続きを読む

安政元年の南海地震による善徳の地すべり

安政元年(1854)、安政南海地震により、善徳の地すべりがあったと言われているが、記録に乏しく、その規模等の詳細は分かっていない。この研究では、過去の南海地震の斜面災害について歴史資料及び現地調査に基づき、南海地震の斜面災害の特徴を報告している。 続きを読む

1 2 3 4