検索結果

772件のアーカイブスが見つかりました。

条件:徳島県 吉野川流域 風水害

年代順で並び替える : |

昭和51年の台風17号

image

昭和51年(1976)9月、台風17号は進行速度が遅かったために1週間近く降雨が続き、早明浦ダム上流域の総雨量は1,782ミリとなり、既往最大801ミリ(昭和31年の台風12号)をはるかに凌いだ。早明浦ダムへの流入量は洪水ピーク時が4,762立米/秒であったが... 続きを読む

昭和51年の洪水

昭和51年(1976)9月、吉野川上流域と剣山周辺を中心に、総雨量が1,000ミリを超える観測史上最大のものとなり、被害は床上浸水3,880戸、床下浸水25,713戸、全壊流失家屋109戸に及んだ。 続きを読む

昭和51年の台風

昭和51年(1976)、台風により、吉野川で洪水があったが、被害は上流無堤地区と下流内水地区での氾濫及び河道災害が主であった。 続きを読む

昭和50年の台風6号

昭和50年(1975)8月23日、台風6号により、池田上流域では雨が少なかったが、中下流域に雨が集中し、基準地点岩津の最大流量は13,867立米/秒となった。支川の穴吹川、貞光川が増水し被害が出たほか、岩津上流部の無堤地区、下流部の飯尾川、桑村川、神宮入江川等... 続きを読む

昭和50年の台風6号

昭和50年(1975)8月23日1時30分頃、台風6号が徳島県の蒲生田岬をかすめて徳島東岸、淡路島沿いに進み、5時30分に神戸市西海岸に上陸した。岩津地点のピーク流量は13,900立米/秒であった。被害は県下全域に及び、特に剣山周辺では800ミリを超す大雨とな... 続きを読む

昭和50年の台風6号

昭和50年(1975)8月23日、台風6号により、池田上流域では雨は少なかったが、岩津の洪水流量は13,900立米/秒となった。剣山周辺で800ミリを越す大雨となったため、吉野川水系の被害総額は昭和51年の台風17号に次ぐ、水害統計史上2番目の大被害となる。(... 続きを読む

昭和50年の台風6号

昭和50年(1975)8月23日、台風6号により、岩津の流量13,900立米/秒。上流無堤地区、下流内水地区で氾濫による被害甚大。(「吉野川ーその治水と利水」による) 続きを読む

昭和50年の台風6号

昭和50年(1975)8月23日、台風6号。岩津上流流域平均2日雨量は336ミリ、岩津最大流量(推定)は約13,900立米/秒であった。この台風6号と8月18日の台風5号を合わせて、被害は浸水面積7,870ha、床上浸水1,679戸、床下浸水10,139戸、全... 続きを読む

昭和50年の台風6号

昭和50年(1975)8月23日午前1時半頃、台風6号が蒲生田岬をかすめ、徳島県東岸、淡路島沿いに進み、神戸市南西海岸に上陸した。総雨量は吉野川上流域で300ミリ程度であるのに対して、剣山で812ミリ、川井で683ミリ、丸笹で766ミリなど剣山北面に降雨が集中... 続きを読む

昭和50年の台風6号

昭和50年(1975)8月23日、台風6号により、浸水面積7,869ha、床上浸水1,679戸、床下浸水10,139戸。(吉野川の主な洪水の歴史による) 続きを読む

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 78