検索結果

104件のアーカイブスが見つかりました。

条件:徳島県 徳島市 火災

年代順で並び替える : |

安政元年の大火

安政元年(1854)11月4日、5日、徳島市街で大火、稲田九郎兵衛、加島出雲両屋敷全焼、家中・町家は類焼し、残る家でも無事なものはなかったという。(「勝浦郡誌」による) 続きを読む

安政元年の地震

image

嘉永7年(1854)11月4日午前9時頃、遠州灘を震源とするM8.4の大地震が起こった。さらに32時間後の5日午後4時頃、同規模の地震が紀州沖で発生した。阿波でも、地震とそれに伴う津波によって甚大な被害が起こった。海部郡由岐浦では205戸のうち199戸流失、死... 続きを読む

安政元年の南海地震

嘉永7年(1854)、M8.4の安政南海地震が発生した。この研究では、安政南海地震による徳島市の被害を記録した歴史史料をもとに、地震被害を抽出、再整理し、被害の空間分布を示している。これによると、住吉、内町、富田、福島など干拓地で特に被害が大きく、津田、二軒屋... 続きを読む

安政元年の地震

安政元年(1854)、M8.4の南海地震により、徳島県下では甚大な被害を受けた。津波による被害は県南部沿岸地域の被害が顕著であったが、死者数は人口が集中していた徳島城周辺(現在の徳島市)が最も多かった。この研究では、安政南海地震による徳島市の被害を記録した歴史... 続きを読む

弘化元年の火災

弘化元年(1844)10月5日晩4ツ前(午後10時頃)、西船場付近より出火し、6日7ツ時(午前4時頃)に鎮火した。この時には御家中数百人が駆けつけ、防火に当たった。(「元木氏記録」による)/この記録では、文政7年(1824)年の新町での火事に懲りた人々が、大火... 続きを読む

天保14年の火災

天保14年(1843)11月5日朝4ツ時(午前10時頃)、佐古町11丁目椎宮馬出シ場付近から出火し、およそ1丁ばかり焼きわたる。(「阿陽市街実記」による) 続きを読む

天保9年の山火事

天保9年(1838)2月13日正午頃、徳島の眉山で山火事が発生し、富田八幡宮上より瑞岩寺上まで山が焼け、7ツ時(午後4時頃)までに鎮火した。(「阿陽市街実記」による) 続きを読む

天保4年の火災

天保4年(1833)11月8日晩4ツ時(午後10時頃)、名東郡西黒田村で出火し、大風により竈11軒、棟数30余焼失した。(「元木氏記録」による) 続きを読む

文政7年の火災

文政7年(1824)12月12日卯刻(午前6時頃)前、東新町より出火し、西北の風が激しく大火となり、富田町、大工町などを焼き尽くし、未刻(午後2時頃)鎮火した。総竈数932軒、土蔵24箇所を焼失した。(「阿淡年表秘録」による)江戸時代の阿波国における火災のうち... 続きを読む

文政7年の火災

文政7年(1824)12月12日卯刻前、東新町より出火、大西北風烈しく、大火に相成り、富田町、新魚町、桶屋町、藍屋町、古物町、大工町2、西大工町、西新町1、南大工町まで焼失、未刻鎮火。総戸数932軒、土蔵24軒。但し、お届1,398町家のうち13取り崩し、67... 続きを読む

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11