検索結果

223件のアーカイブスが見つかりました。

条件:愛媛県 松山市 渇水

年代順で並び替える : |

明和8年の干ばつ

image

明和8年(1771)、大干ばつのため、徳丸村・出作村(松山領)・南神崎村・上野村(天領)及び八倉村(大洲領)の五ヶ村が古樋井手の筧を切り落としたため、上麻生村(大洲領)・下麻生村(新谷領)の両村と間で乱闘が起こった。この矢取川の乱闘で死者2人と多数の負傷者が出... 続きを読む

明和8年の干ばつ

明和8年(1771)、干ばつ。 続きを読む

明和8年の干ばつ

明和8年(1771)、干ばつのため、麻生と上野ほか5村と水論、死人2名。 続きを読む

明和8年の水論

image

明和8年(1771)、伊予郡両麻生村と下5ヶ村の水論起こり、死傷者あり。麻生の組頭窪田兵右衛門等、備中笠岡の獄に投ぜられる。(「愛媛県農業史」、「伊豫市誌」等による)(伊予の水論〔水争い〕年表) 続きを読む

明和8年の干ばつ

image

明和8年(1771)、干ばつのため、6月8日、八倉・宮ノ下・上野・徳丸・出作各村の700人の集団が小樋井手を切り落としたため、上麻生・下麻生両村民と矢取川で乱闘となった。この争いで宮ノ下村六兵衛、八倉村作左衛門の2人が死亡した。天領から死者が出たため、大洲藩も... 続きを読む

天明4年の干ばつ

天明4年(1784)、干ばつ、虫のため飢饉。(「余土村誌」による) 続きを読む

天明5年の干ばつ

天明5年(1785)、干ばつ。 続きを読む

天明5年の干ばつ

天明5年(1785)夏、干ばつ、田畑不熟により、損毛16,428石。(「松山叢談」 続きを読む

天明5年の干ばつ

天明5年(1785)夏、干ばつにより、損害大。(「松山叢談」による) 続きを読む

天明5年の干ばつ

天明5年(1785)夏、干ばつ、田畑不熟。(「松山叢談」による) 続きを読む

1 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 23