検索結果

101件のアーカイブスが見つかりました。

条件:高知県 田野町

年代順で並び替える : |

明治32年の台風

明治32年(1899)7月8日、9日の暴風雨(雨量362ミリ、風速22.1m)、8月28日の暴風雨(雨量122ミリ、風速32m)、9月8日の暴風雨(雨量329ミリ、風速36.4m)により、奈半利川の堤防が切れ、被害甚大であった。 続きを読む

明治32年の台風

明治32年(1899)7月8日、9日、大暴風雨により、田野で雨量362ミリ、風速36.4mとなり、奈半利川の出水のため、田野・奈半利の堤防が大決壊した。片岡侍従の巡視があった。(「高知年鑑」、「田野文化史」、「奈半利町史考」、「北川風土記」による) 続きを読む

明治25年の洪水

明治25年(1892)7月25日、大風雨により奈半利川が大洪水となり被害を受けた。このため、翌26年に堤防修築に着手し、翌年竣工した。 続きを読む

明治22年の台風

明治22年(1889)8月19日、台風が安芸に上陸し、高松を通った。田野文化史には「8月奈半利川大洪水堤切」と記されている。 続きを読む

明治22年の台風

明治22年(1889)8月、大暴風雨により奈半利川が大洪水となり、堤防が切れた。 続きを読む

明治19年の台風

明治19年(1886)秋、大暴風雨。 続きを読む

安政元年の南海地震

安政元年(1854)11月5日午後4時大地震が起こり、午後5時頃大津波があり、人々は西福寺や岡地の藪の中に避難したが、強震のため歩行も困難で、空飛ぶ鳥も地に落ちたと伝えられている。この時、米屋は酒造米を避難の人たちに施したという。 続きを読む

天保8年の洪水

天保8年(1837)8月10日より大雨、11日大水出る。田野、浜田まで大浪が打ち込む。材木が残らず堀川へ打ち込み、あんこ堀より海へ流れ出る。(「世用日記」、「新井来助日記」による) 続きを読む

天保6年の洪水

天保6年(1835)閏7月6日、大水、大風により井関が大きな被害を受けた。(「世用日記」、「新井来助日記」による) 続きを読む

天保3年の洪水

天保3年(1832)9月10日、雨により大水が出て、田野新町まで打ち入る。3度大浪あり。(「世用日記」、「新井来助日記」による) 続きを読む

1 2 3 4 5 6 7 11