検索結果

110件のアーカイブスが見つかりました。

条件:徳島県 鳴門市

年代順で並び替える : |

平成16年の台風23号

平成16年(2004)10月20日午後、台風23号による降雨のため、鳴門市北灘町粟田字ハシカ谷の国道11号で法面崩壊が発生した。また、台風による高波の影響で道路下の海岸擁壁の変状も起こった。折野観測所の降雨観測によると、20日4時~18時の連続雨量は433ミリ... 続きを読む

平成16年の台風23号

平成16年(2004)の台風23号により、徳島県では台風による高潮と激しい豪雨のため、広範囲にわたり浸水が発生した。本研究では、鳴門市を対象に、浸水発生要因を現地調査及び高潮数値計算により検討している。 続きを読む

平成16年の台風23号

平成16年(2004)10月20日、台風23号により、紀伊水道沿岸、播磨灘沿岸で浸水被害が発生した。鳴門市瀬戸町北泊などでの聞き取り調査では、防潮堤の天端を越波したものの、完全に閉鎖されていなかった陸閘からの流入、排水路からの逆流などがあったことが確認されてい... 続きを読む

平成16年の台風18号

平成16年(2004)9月7日、台風18号による高潮のため、鳴門市瀬戸町、北灘町で数棟の浸水被害が発生した。 続きを読む

平成16年の台風16号

平成16年(2004)8月30日~31日、台風16号による高潮のため、徳島市津田浜の町で約30cmの道路冠水、鳴門市瀬戸町で床上・床下浸水20棟の被害が出たほか、北灘町、鳴門町などでも浸水被害が相次いだ。特に瀬戸町や北灘町は播磨灘に面しているため、台風による吹... 続きを読む

平成7年の阪神・淡路大震災

平成7年(1995)1月17日5時46分、淡路島北端を震源地とするM7.2の大地震が起こった。徳島県内では近隣の地域であるにもかかわらず、被害が最小限度にすんだことは不幸中の幸いであった。ただ、鳴門市ではこの地震を契機にして湧水に変化が起き、あるところでは湧水... 続きを読む

平成3年7月31日の落雷

平成3年(1991)7月31日、積乱雲が発達して雷が発生し、16時30分頃から約30分間、鳴門市で落雷が相次いだ。この落雷のため、鳴門市では2,100戸余りが停電し、JR池谷駅では落雷のため構内の信号機が故障し、特急1便と普通列車4便に遅れが出た。 続きを読む

平成2年の落石

平成2年(1990)10月8日午前10時頃、鳴門市北灘の国道11号で落石災害が発生し、17人の死傷者(死者3人)が出た。落石防止柵のコンクリート天端より比高差63m(斜面長約100m)上方の民地斜面に位置する和泉層群の崖の一部岩塊が崩落し、高松方面に向かって進... 続きを読む

昭和63年7月の高波

昭和63年(1988)7月31日、台風7号の影響で、徳島県の沿岸海域に高いうねりが押し寄せた。31日13時過ぎ、鳴門市里浦町の沖合約500mの撫養港口で釣船2.2トンが高波を受けて転覆し、1人が死亡、1人が軽傷を負った。 続きを読む

昭和63年7月の濃霧

昭和63年(1988)7月10日~11日、濃霧が発生し、船舶の事故が相次いだ。10日6時25分頃、貨物船が大鳴門橋近くの中瀬に乗り上げて座礁した。小松島海上保安部の調べによると、事故当時の海域の視程は約50mの濃い霧につつまれていた。また、11日7時前、鳴門市... 続きを読む

1 2 3 4 5 6 11